ハイスピードのフリーランで、飛び(キッカー)のレベルを引き上げよう

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード、フリーライディング、フロントサイドターン

スノーボードって、楽して滑ろうと思うと、結構、楽ができるんですよね。

でも、楽しちゃうと、上手くならないんですよね~

つまり、上手くなりたいと思っているなら、「楽しないで、本気で滑らないといけない」ってことです。

私たちに与えられた時間は無限ではありません。

だって、シーズン中、毎日滑れるわけではありませんから。

そこで今回、私が意識している、「上達するためのフリーライディング時のポイント」について紹介します。

フリーラン1本1本を意識して滑ることで、劇的に上達します。

ぜひ、試してみてください。

フリーライディングで意識すること

この3つが今回の重要なポイントです。

  • 常に、自分の限界のスピード(止まれる範囲)で滑ること。
  • 低い姿勢(膝を曲げ、腰を落とす)を意識し、ボードをしっかり踏む。
  • どちらのエッジ(ヒール・トゥ)に乗っているか理解し、オーリーをする。

上達するためのフリーライディング時のポイント

それでは、1つずつ説明していきます。

限界スピードの引き上げ

常に、自分の限界のスピード(止まれる範囲)で滑ることの目的は、スピードに慣れるためです。

自分のフリーライディングの限界スピードが、10だと仮定すると、10のスピードでオーリーすることはできません。

当然、キッカーへの進入も、10のスピードではできません。

つまり、キッカーに入ったり、オーリーなどのトリックを行うには、スピードの余裕(ゆとり)が必要です。

個人差があるとは思いますが、オーリーに慣れている人で、7~8ぐらいのスピードでのオーリーが限界ではないでしょうか!?

だからこそ、フリーライディング中は、常に、ハイスピードで滑り、自分の限界スピードを引き上げておくことが、すっごく重要です。

今まで、10のスピードしか出せなかった人が、15のスピードまで出せるようになれば、12ぐらいのスピードでオーリーを行うことができ、キッカーのアプローチスピードを引き上げられます。

また、自分のアプローチスピードが上がれば、キッカーのサイズをステップアップすることができますし、今までやっと飛んでいたキッカーに余裕ができ、新しいトリックにも挑戦できるようになります。

ボードを踏む

私は、スノーボードって、乗るものではなく、踏むものだと思っています。

ボードを踏むことを意識すると、自然と低い姿勢になります。

楽して滑っている時って、結構、膝が伸びてしまい姿勢が高くなっちゃいます。

膝が伸びている(伸びきっている)状態では、しっかり板は踏めません!

また、フリーライディングのスピードが上がってくると、ボードが「バタバタ」と暴れます!

その暴れる板(ボード)を、抑え込むのにも、ボードを踏む意識は超効果的です。

ちなみに、踏めているかどうかの1つの指標としては、「足が疲れるかどうか」です。

毎日滑り込んでいる人なら、疲れ知らずかもしれませんが、会社員の人で1日本気で滑って、疲れない人はいないと思います。

そうです、踏むと疲れるんです!

ぜひ、1つの指標としてください。

なお、ボードを踏みまくって滑った日は、帰りの車で、足が「プルプル」します。

それがまた、「今日は、自分を追い込んだぜーーーーー!!」っていう達成感が感じられて、顔がニヤケるんですよね。(笑)

オーリー

キッカーのアプローチを安定させるためには、フリーライディング中のオーリーの練習が非常に効果的です。

ハイスピードでも体が遅れない「安定したオーリー」を手に入れるため、スノーボードにおいて、一番不安定な状態である、フラットを意識し、直滑降(チョッカリ)でのオーリーを練習してください。

そして、慣れてきたら、キッカーでのアプローチをイメージしながら、ヒールエッジ、トゥエッジを使ったオーリーも取り入れてみます。

オーリーやキッカーへのアプローチについては、こちらの記事をご覧ください。

オーリー【OLLIE】がスノーボードの楽しさを無限大に変える!

「3種類のオーリーで、スノーボードをもっと楽しむ!」

ストレートジャンプ(エアー)における【ライン取り】の重要性

おわりに

スノーボードって本気で滑ると、すごい疲れます。

でも、逆に「足が疲れていないということは、踏めていないのでは!?」と私は不安になります。

だからこそ、スノーボードをする日は、ゲレンデで体力を使い果たすようにしています。

すべてを使い果たし、スノーボードを楽しみつくし、帰宅します。

心は満たされてますが、体が言うこと聞かない状態です。

そうです、まさに廃人です・・・

そんな廃人を、家族が温かく(?)迎えてくれ、最高の週末となります。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

初級者必見!キッカーへのアプローチスピードの決め方!

スノーボードは、グラブでスタイルを追求しよう【魅せるグラブ】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク