ボードを自分に合わせるんじゃない!ボードに自分を合わせるんだ!【納得感を重視したボード選び】

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード、ビンディング、ヘルメット

いきなりですが、スノーボード(板)を購入するとき、何を基準に選んでますか?

一般的には、「身長マイナス15~20cm」とか、「ボードを立てたとき、ちょうどあご位の長さ」なんて言われたりしますが、私は、全くもって参考にならないと思っています。

なぜなら、「何がやりたいのか?」によってボードの選び方は変わってしまいますし、身長だけでなく、体重や筋力によって適したボードは変わってしまうからです。

なので、身長だけでボードを選ぶのは、やめてください。

さらに言えば、スノーボードは、1本1本かなり個性が違います。

このあたりも、長さだけで選ぶと、確実にやられる理由の1つです。

ぜひ、「ボード選び」には本気になってください。

「なんで、こんなに熱く語るのか?」って・・・

それは、スノーボード(板)とは、命を預ける相棒だからです。

だから、妥協は絶対に許されません。

ましてや、自分の相棒を、他の誰かに選んでもらうなんて、もってのほかです!

だって、自分の結婚相手(相棒)は、自分で選びたいじゃないですか~(笑)

ということで、今回は、後悔しないスノーボード(板)の選び方について紹介します。

私の偏った価値観による判断基準となってます。

スノーボード(板)選びのポイント【要素】

まずは、私がボードを選ぶ際の3つの重要なポイントです。

  1. 機能性(性能)
  2. デザイン
  3. 生産工場

「機能性(性能)」や、「デザイン」は気にされる方は多いかと思いますが、「生産工場」について気にしている方は、少ないと思います。

それでは、1つずつみていきます。

スノーボードの機能性(性能)

まず、自分がどんな機能のボードを選んだら良いかを、決めなければなりません。

そのために、重要なのは「何がやりたいのか?」ということにつきます。

ですので、まず、自分がやりたいことを明確にしましょう。

ボードを選ぶ前に

スノーボードには、色々な遊び方があります。

大まかに分けると、次の3つです。

  1. パーク重視(キッカー、BOX、レールなど)
  2. パウダー重視
  3. カーヴィング重視

どれかに特化するもの良し、欲張りに全部を楽しむも良しです。

やりたいことが、決められない人は、迷わず、オールラウンド系のボードを買いましょう。

オールラウンド系のボードは、何でもできる優れものです。

でも、パウダーを滑るには、パウダーボードに劣りますし、カーヴィングをするなら、カーヴィング用のボードに劣ります。

つまり、オールラウンド系のボードは「なんでも普通にできるボード」ってことです。

ちなみに、私は、パークにどっぷりハマってしまいましたので、パーク向きのボードを迷わず
購入します。

やりたいことが決まったら、スペックを選んでいく

スノーボードのスペックとは、「長さ」「硬さ」「太さ」「形状」などのことを言います。

では、やりたいこと別に見ていきましょう。

想定モデル「身長172cm・体重60kg」

スタイル 長さ 硬さ 太さ 形状
パーク重視 150cm 柔らかめ 普通

ツインチップ

パウダー重視 158cm 普通 太め

ロッカーボード

カーヴィング重視 154cm 硬め 細め キャンバーボード

かなり、ざっくりつくってみましたが、だいだいこんな感じです。

なお、色々なメーカーさんが、様々なボードを出していますので、参考程度にご覧ください。

また、身長と体重が変われば、適したボードの長さや硬さは変わってきます。

体重「60kg」の人と体重「80kg」の人だと、ボードにかかる重さが「20kg」も違いますから、当然と言えば当然ですね。

ボードに乗ったときの感覚(硬さなど)も、ぜんぜん違っちゃいますよ。

スノーボードのデザイン

スノーボード、ミュートグラブ、ソールデザイン

デザインは、好きに選んでください。

気に入ったデザインじゃないと、相棒にはできないでしょ!?(笑)

私の場合は、トップシートより、ソールのデザインにこだわります。

なぜなら、スノーボードは「飛んで、跳ねる」スポーツ(遊び)だからです。

空中でアピールできるのは、ソールデザインであり、かなり魅せれます。

ぜひ、ソールデザインにこだわってみてください。

詳しくは、こちらの記事を!

なぜ?スノーボードはトップシートよりも、ソールのデザインが重要なのか!?

スノーボードの生産工場

スノーボードを作れる工場は、世界中を探してもそんなに多くありません。

また、そのなかで自社工場を持っているメーカーをなると、両手で数えられる程度です。

つまり、同じ工場で、色々なメーカーのボードを作っているということです。

工場が同じであれば、基本的なボードの品質・性能については、ほぼ変わりません。

ですので、信頼できる工場で作られているスノーボードを選ぶことで、「ボード購入の失敗」を極限まで減らすことができます。

なので、スノーボードの生産工場には、超こだわってください!!

ちなみに、私のオススメは、長野県にある小賀坂(オガサカ)工場です。

オガサカのスノーボードは、「日本人が、日本人のために、日本で作っているスノーボード」です。

はっきり言って最強ボードです。

ぜひ、お試しを!

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

スノーボードは生産工場で選べ!【ボード選びの1つの要素】

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

まとめ

ここで、私の相棒探しの手順をまとめておきます。

  1. やりたいことを明確にする
  2. やりたいことに合わせ、ボードの機能を選ぶ
  3. 心から好きになれるデザインを選ぶ
    (できればソールデザイン)
  4. 生産工場は、オガサカ工場で決まり!

ここまで、しっかり選んだら、かなり納得してボードが購入できると思います。

あとは、購入したボードを愛用し続けてください。

必ず、最高の相棒になるはずです。

なお、私が、ボード選びで最も重視しているのは「納得感」です。

とことん調べて、納得して購入したボードなら後悔はありません。

もし、実際にゲレンデで滑ってみて「あれ?思ったより・・・」ということがあったとしても、誰のせいでもなく、自分のせいだからです。

つまり、言い訳はできないってこと。

だからこそ、ボード選びのすべてを、ボード屋の店員さんに任せないでほしいんです。

それだと、納得感が全然足りないんです!(笑)

ぜひ、自分で調べ、自分で相棒を選びましょう。

(色々な人に相談しながら、ボードを選ぶのはいいと思いますよ)

最後に、以前、ボード選びで悩んでいたときに、我が嫁から言われた名言をご紹介して、おわりにします。

「ボードを自分に合わせるんじゃなく、ボードに自分を合わせろ!!」

つまり、「人事を尽くして天命を待つ」気持ちで、ボードを選びましょう!ってことです。

厳しい嫁です・・・(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

カタログからでは分からない!スノーボード【板】の硬い・柔らかいの判断基準!

スノーボードって、どうやって選んだらいいの?【ボード選びのすべての要素】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク