「ヒール抜けvsトゥー抜け」フロントサイドスピンはどっちが簡単?

シェアいただけると嬉しいです。

「ヒール抜けvsトゥー抜け」フロントサイドスピンはどっちが簡単?

キッカーでの、フロントサイドスピンは、「ヒール抜け」が、だんぜん簡単です!!

なので、みんなーーーー

はじめての「フロントサイドスピン」は、ヒール抜けから練習しましょう!!

それでは、バイバ~イ

おっと、すみません。

結論から入ったら、そのまま終わっちゃいそうになりました・・・(笑)

ということで、今回は、スピントリックにチャレンジしようと思っている人が、誰でも悩むであろう

「フロントサイドスピンって、ヒール抜けとトゥー抜け、どっちが簡単なの?問題」

について、僕の経験談(個人的感覚)を紹介します。

なお、「これからスピンにチャレンジしようと思っている人」向けに書いておりますので、話のメインは、FS180となります。

FS180を始めるなら「ヒール抜け」がだんぜん簡単!!

ヒール抜けFS180キッカー(3)

この記事の最初で、すでに結論を言っちゃったんですが、キッカーでのFS180は「ヒール抜け」の方が簡単です。

ただ、1つだけ条件があります。

その条件とは、

「3種類のオーリー」をマスターしていること!

です。

もし、「3種類のオーリー」に不安を感じているなら、まずはそこを徹底的に練習しましょう。

なお、「3種類のオーリー」については、こちらの記事をご覧ください。

3種類のオーリーを使い分けて、スノーボードをもっと楽しむ!

なぜ、FS180に「3種類のオーリー」が必須なのか?

スノーボードのオーリー

「3種類のオーリー」とは、

  1. ボードがフラットの状態で行うオーリー
  2. トゥエッジ側のテール面を使ったオーリー
  3. ヒールエッジ側のテール面を使ったオーリー

の3つです。

このうち、

2の「トゥエッジ側のテール面を使ったオーリー」は、トゥー抜けのFS180で使い、

3の「ヒールエッジ側のテール面を使ったオーリー」は、ヒール抜けのFS180で使います。

つまり、スピントリックを行う上で「3種類のオーリー」をマスターしていないということは、

  • ライン取りが安定しない
  • 抜けが安定しない
  • 高さが出ない

といった感じで、全く良い所がありません。

なので、スピントリックにおける最短ルートは、「3種類のオーリー」をまず、マスターすることだと思います。

3種類のオーリーは、「フロントサイドスピン」だけではなく、「バックサイドスピン」においても大変重要です。

フロントサイドスピンにおける「ヒール抜け」と「トゥー抜け」の違いとは?

トゥー抜けFS180(6)

どっちの「抜け」であっても、空中に出てしまえば、着地(ランディング)までほぼ同じです。

なので、違いが出るのは、「キッカーを飛び出すまで」ということになります。

具体的に言うと、

  • ライン取り
  • 踏み切り
  • 抜けのタイミング

が違ってくるということです。

なお、キッカーにおけるFS180(ヒール抜け・トゥー抜け)のポイントについては、こちらの記事をご覧ください。

一度読んでいただくと、このあとの説明について、理解しやすいと思います。

キッカーでのFS180(ヒール抜け)は「ライン取り」が9割

トゥー抜けのFS180(キッカー)は抜けのタイミングが成功のカギ

ライン取りの違い

フロントサイドスピンおいて、「ヒール抜け」と「トゥー抜け」では、ライン取りが全く違ってきます。

ただ、ライン取りによる「難易度の違い」はありません。(使うエッジが違うだけです)

なので、「ヒール抜きの方がライン取りが簡単だから、ヒール抜きがいいよ!」ということではありません。

個人的な得意・不得意については考慮していません。

踏み切りによる違い

「ヒール抜け」と「トゥー抜け」では、踏み切りがぜんぜん違います。

踏み切りで使う「エッジ」が違うんで当然ですよね。

でも、「ライン取り」同様、「踏み切り」による難易度の違いはありません。

なので、「ヒール抜きの方が踏み切りが簡単だから、ヒール抜きがいいよ!」ということではありません。

「3種類のオーリー」をマスターしていれば、「ヒールエッジ」・「トゥーエッジ」による踏み切りの違い(難易度)は、ほぼないはずです。

抜けのタイミングの違い

最後は、「抜けのタイミング」です。

そうです、これがフロントサイドスピンにおける「ヒール抜け」と「トゥー抜け」の難易度を大きく分けるポイントです。

ヒール抜けのタイミング:

ルーズ(多少の早抜けでもOK)

トゥー抜けのタイミング:

かなりシビア(ベストタイミングが一瞬)

はっきり言って、トゥー抜けのタイミングはかなり難しいです。

タイミングがズレると、キッカーのリップにトゥーエッジが引っ掛かり、「逆エッジ」のように吹っ飛びます。

でも、ヒール抜けなら、多少の早抜けでも、それっぽくなります。(笑)

なお、「FS180の抜けのタイミング」を失敗すると、こんな風になっちゃいます。

「早抜け」はマジで命取り!?FS180の失敗ジャンプを画像で紹介

また、ヒール抜けの場合、回りすぎることはあっても、どうやっても180度回らないってことはほぼありません。

僕の経験では、回転が足りないよりは、少し回りすぎるほうが怖くありませんので、「ヒール抜き」の方がオススメです。

恐怖心が少なければ、どんどんチャレンジできるので、上達も早いと思いますし。

まとめ

ここで、僕がフロントサイドスピンの抜けにおいて、「ヒール抜け」をオススメする理由をまとめておきます。

  • キッカーの抜けのタイミングがルーズ(多少の早抜けOK)
  • キッカーのリップに「エッジ」が引っ掛かることが少ない
  • 回転方向のエッジを使う「ヒール抜け」の方が回りやすいため、恐怖心が少ない

僕は、トゥー抜けもヒール抜けも両方練習したタイプなんですけど、最終的には、フロントサイドスピンは、ヒール抜けに落ち着きました。

理由は、この記事で書いたとおり「抜けのタイミングの難しさ」でした。

ヒール抜けの場合、抜けのタイミングが早くても遅くても、ある程度、空中で立て直しが可能なんですが、トゥー抜けの場合、抜けのタイミングをミスると、立て直せず、そのままやられます・・・(ほんと、何度やられたことか・・・)

そして、やられるたびに、心が折れます。

「もう、フロントサイドスピンなんかいらねーーーーーんだよーーーー!!」

「俺は、バックサイドスピンだけで生きて行くぜーーーー!!」

って感じです。(笑)

なので、フロントサイドスピンにチャレンジする際は、「ヒール抜け」から始めてみてください。

僕みたいに、超遠まわりすることなく、上達できると思いますので。

ちなみに、グラトリのFS180については、「ヒール抜け」と「トゥー抜け」で難易度の違いはありませんので、両方ともマスターしておきましょう!!

詳しくは、こちらをご覧ください。

グラトリの「ヒール抜けFS180」はオーリーとライン取りが重要

グラトリの「FS180(トゥー抜け)」は両足ジャンプが基本だよ!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

バックサイド180完全マニュアル【これでできなきゃB1は諦めろ!?】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク