メランコリーグラブを極め、メソッドとトゥイークを手に入れろ!

シェアいただけると嬉しいです。

ヒール抜けFS180メランコリー

この記事では、キッカー入門者オススメのグラブトリック「メランコリー」の

  • やり方(練習方法)
  • 注意するポイント
  • スタイルの出し方
  • 発展技(トリック)

について紹介しています。

あなたが、トゥエッジを得意としている場合、インディより簡単にできると思います。

「メランコリー」は、インディ同様に、シフティーやポークなどと組み合わせることで、全く違ったスタイルになり、発展性の高いトリックです。

グラブしてない手の位置や膝の抱えかたを意識して、かっこいいメランコリーを手に入れちゃってください。

ちなみに、「自分の得意エッジがわからないという人」は、こちらの記事でチェックしてみてください。

ストレートジャンプ(エアー)における【ライン取り】の重要性

キッカー初心者のためのグラブ入門【何からはじめる?オススメグラブトリック】

それでは、「メランコリーグラブ入門」をはじめさせていただきます。

メランコリーグラブとは

メランコリーは、前手でかかと側のエッジを掴むトリックです。

グラブする位置は、前足と後ろ足の間です。

トリックを発展させていく中で、前足の外側をグラブして、トゥイーク(メランコリーの発展技)するライダーさんもいますが、基本は、前足と後ろ足の間をグラブすると覚えてください。

キッカーに入る前に必ずやること

ステップ1

メランコリーにはじめてチャレンジする際は、いきなりキッカーで試さず、ゲレンデのフラットな場所で、しゃがんでかかと側のボードをさわってみてください。

この動作を行い、「どのくらい膝を引き上げれば、手の届く範囲にボードがくるのか」を確認しておきます。

やってみると、結構、膝をコンパクトに抱えこまないとグラブできないことに気づきます。

ステップ2

ゆっくりとしたスピードで、ゲレンデのギャップ(落ち込みなどの起伏)でオーリーし、ボードを思いっきり引きつけ、前手でボードにさわってみてください。

オーリーである程度の高さが出せるなら、グラトリでも「メランコリーグラブ」の練習ができるはずです。

ぜひ、試してみてください。

メランコリーを行う場合の注意点とポイント

メランコリーグラブ

ベーシックエア(ノーグラブのストレートジャンプ)と同じく、しっかりとキッカーを抜けてください。

グラブを意識し過ぎて、すぐにつかみにいこうとすると、ふみきり(オーリー)があまくなり、高さが出なくなります。

空中に出たら、膝を抱え込み、ボードを引きつけることに集中してください。

そこまでできたら、左の前手を下ろすだけで、ボードがそこにあります。

まずは、ボードに軽く手を添える程度で十分です。

慣れてきたら、しっかりグラブしましょう。

グラブするときの目線は、進行(飛んでいく)方向のランディング地点を見続けてください。

ボードをつかみにいくと、重心が背中側に倒れて危険です。

あとは、ランディングに合わせてグラブしている手を離し、着地します。

ちなみに、メランコリーは、グラブしてない後ろ手でバランスを取るようにしてください。

かっこいいメランコリーのワンポイント

「グラブしてない後ろ手を、後ろに引きながら上にあげる」

これだけでも、一気に、かっこよさがアップします。

注意点(これだけはやっちゃダメ!)

グラブするときに、膝の抱え込みがあまく、膝を後ろ側に曲げてしまうこと。

ボードをフラットに引き上げることを、意識してください。

※メソッドでも、メランコリーでもなくなってしまいます。

発展技

ノーズをポークする(前足を蹴りだす)

メランコリーグラブ

メソッド

メソッド

バックサイドシフティ(トゥイーク)

トゥイーク

フロントサイド180

メランコリーはフロントサイドスピンと相性がいいです。

メランコリーFS180 前

フロントサイド180

メソッドだとこんな感じになります。

FS180メソッド

まとめ

メランコリーは、発展させることで、スノーボーダーなら誰もが憧れる、「トゥイーク」というトリックになります。

また、フロントサイドスピンと相性が良く、回転方向に肩が入りスピンを先行させやすいトリックだと思います。

ただ、体があまりにもかたいと、グラブが届きません。

ストレッチを行い、体の柔軟性を高めておくことも重要かもしれません。(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

キッカー記事のまとめ【ストレートジャンプの基本知識と理論(コツ)】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク