スノーボードウェアの【最強着こなし】を考える

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボードウェアの着こなし

スノーボードのウェアを選ぶとき、デザイン重視の人って多いと思います。

私も機能はそっちのけで、デザインで選びますし。

でも、デザインと同じぐらい気にして欲しいポイントが1つだけあります。

それは、着こなし方(サイズ感)です。

同じウェアでも、サイズ選びや、着こなし方によって、全く印象が変わってしまいます。

スノーボードショップ等で、試着した時のイメージと、実際にウェアを着て、ゲレンデで滑ったときの見え方はかなり違いますし。

そこで、「こんなはずじゃなかったのに!?」とならないために、着こなしの種類(好み)についてまとめてみました。

ウェア選びの参考にしていただけると嬉しいです。

スノーボードウェアのタイプ

大きく分けると、ダボダボ系と、細身(ジャスト含む)系となります。

ダボダボ系

全力腰パン主義のダボダボシルエット  

スノーボードウェア、ダボダボパンツ

スノーボード、ウェア、ダボダボシルエット

身長170cm ウェア上下 XLサイズ

細身系

細身(ジャスト含む)の着こなしです。下半身のシルエットが結構違います。

スノーボードウェア、ジャストサイズ

身長170cm ウェア上下 M~Lサイズ

派手なウェア VS 地味なウェア

派手なウェアのメリット

私の独断と偏見となりますが、撮影するなら、派手系以外の選択肢はありません!!

トリック1つ1つの映え方が全く違います。

手の位置や足の形など、遠めから撮影しても、何をしているか分かります。

ゲレンデで迷子になっても、すぐに見つかりますし。(笑)

どうでしょうか?雪が舞っていても、はっきり見えます!!

スノーボードウェア 派手

ゲレンデで目立つおすすめカラー

最強カラー:黄色、緑、黄緑、オレンジ、赤

※アース系のウェアは、カッコいいのですが、撮影向きではありません。

ビンディングのハイバック

これについては完全に好みだと思います。

ハイバックを見せるのか、見せないのかで、足元のシルエット(雰囲気)がかなり変わります。

私は、派手目のビンディングでハイバックを出すのが大好きです。

ハイバックを見せる派

スノーボードウェア、ハイバック見せる派

スノーボードウェア、ハイバックを見せる

ハイバックを見せない派

スノーボードウェア、ハイバックを見せない派

スノーボードウェア、ハイバックを見せない

やりすぎ系

なんでもやり過ぎは良くありません!!

腰パン

ほぼ、股下がない!!

スノーボード 腰パン

派手(目立つにもほどがある)

全身からの自己主張が激しすぎます!!

ちょっと目が痛い・・・

最強カラーがほぼ入ってます。(笑)

スノーボードウェア 超派手

まとめ

見ていただきました通り、何でもやり過ぎは良くないということです。

恐らく、一番人気は、自己主張のポイントをある程度絞り、ダボダボ過ぎず、細過ぎずということでしょうか!?

なお、ショップでの試着の際に、ピッタリサイズで購入するとゲレンデだと思った以上に、細身に見えます。

スノーボードは、立ったり座ったり、転んだり、飛び跳ねたりを繰り返しますので、「細身にしたい!」という方以外は、1サイズ大きめを選んだほうが、動きやすく、イメージ通りのシルエットになると思います。

「これは大きすぎるかな!?」と思っても、ゲレンデだと全く違和感ありません。

私は、ダボダボが好きなので、「男は黙って、XL!!」を基本にサイズ選びを行います。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

「ダボダボ・腰パンスタイル」における着こなしのポイント【理想的なシルエットのつくり方】

スノーボード腰パンスタイル【オススメウェアメーカー】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク