女性にもオススメ!国産スノーボード「RICE28 RT9」が乗りやすい!

シェアいただけると嬉しいです。

RICE28、スノーボード、女性

先日、20年以上の歴史を誇る国産スノーボード「RICE28」の「RT9」に乗らせていただく機会がありましたので、乗り心地についてまとめておきます。

「RICE28」は、「NOVEMBER、SCOOTER、OGASAKA」の3ブランドで有名なオガサカ工場(小賀坂スキー製作所)で製造されている、スノーボードです。

つまり、「日本人が、日本人のために、日本で作ったスノーボード」の1つであり、私の大好きな「コンベックスソール」を採用しております。

まー、言うまでもありませんが、品質は間違いなしです。

だって、オガサカですよ!

ちなみに、今回は、「RICE28」大好き女子とともに、スノーボードを楽しんで来ましたので、女性目線での「RT9」についても同時に紹介します。

なお、「RT9」は、長さによって、男性用と女性用に分かれており、女性用は若干、柔らかめに設計されているみたいです。

男性用:148~158cm

女性用:138~146.5cm

それでは、オガサカ(小賀坂スキー製作所)マニアが贈る、試乗レポートです。

どうぞ、お付き合いください。

試乗ボード「RICE28 RT9 150cm」

【トップシート】

RICE28 RT9 トップシート

【ソール】RICE28 RT9 ソール

RICE28の代表的なモデル「RT9(オールラウンドモデル)」です。

ちなみに、少し前のモデルです。

メーカー説明は、こんな感じです。

なんといってもオーリーの弾きが良い! 

硬くも柔かくもなく、すべてを欲張る!

フリーランからの反発トリックを意識したRICE28の中の中心オールラウンドモデル。

ジャンプ・パーク・フリーランに置いて・・・・優れたコントロール性能を持つフリースタイルオールラウンドモデル。

フリーランからグラトリまでそれぞれのスタイルに対応するオールラウンド的な性能を持つRICE28の中心的なモデルとなっています。

出典:RICE28公式サイト

「NOVEMBERスノーボード」でいうところの「ARTISTE(アーティスト)」と同じ立ち位置のボードです。

よって、NOVEMBER ARTISTE(ノベンバーアーティスト)乗りの私にとっては、同じオガサカ工場で作られた、別メーカーのオールランドモデルの比較ということになります。

つまり、「自社ブランド VS OEM」という構図です。

それだけで、「ワクワク」して、テンション上がります!!(笑)

ちなみに、「OEM」とは、別メーカーのボードを、依頼を受け製造することです。

「RICE28」の場合は、オガサカ工場が依頼を受け、ボードを製造しているということになります。

乗って(滑って)感じたこと

「NOVEMBER ARTISTE(ノベンバーアーティスト)との比較において」という視点で、書いております。

フレックス(反発)・トーション(ねじれ)

フレックスは、踏み込んだ分しっかりと反発します。

なお、アーティストに比べると、ボードが若干硬い気がしました。

トーションについては、しなやかな印象で、硬さを感じることはありませんでした。

ターン

「RT9」は、キャンバーボードのため、ターンはすごく調子いいです。

かなり、切れます。

まず、ロングターンについてですが、エッジが抜けたり、エッジがズレたりすることはなく、気持ちいいカーヴィングターンが可能です。

次に、ショートターンですが、コンベックスソールということもあり、ターンの切り替えもスムーズで、ヌルヌル動きます。

なお、ロングターン、ショートターン両方に言えることですが、ターンの切り替え時のトーションの反発が強く、飛び跳ねるようにターンができます。

つまり、クイックなターンの切り替えが可能ということです。

この反発が、最高に気持ちいいです。

なお、ハイスピードでも安定していて、不安はありません。

ボード軽さ

ビンディングの違いがあるので、一概には言えませんが、アーティストと変わらないと思います。

また、「アーティスト」もそうなんですが、「RT9」も、滑っているとき、すごくボードが軽く感じます。

ボードの軽さについては、ボードを持ったときではなく、滑っているときに感じる重さが重要ですので、非常に軽いボードと言えます。

直滑降(ちょっかり)

ハイスピードのちょっかりも、安定しています。

コンベックスソールということもあり、無駄にエッジが引っ掛かったりすることもありません。

オーリー

オーリーは、しやすいです。

反発もしっかりしています。

ただ、コンベックスソールに慣れていない人は、最初、多少の違和感を感じるかもしれません。

フラットの感覚が、通常のソールと違いますので。

ただ、筋力の弱い人や、小柄な体格(体重)の人は、しっかり踏まないと、反発を感じづらいかもしれません。

軽く踏んで、「パーン」って戻ってくる印象はありませんでした。

私の筋力がないからかもしれませんが・・・

ですので、私としては、グラトリは少しキツイです。

体力的に・・・(笑)

女性目線による評価「RT9」

「RICE28」大好き女子(身長158cm)から、RT9の乗り心地について伺いました。

女性、スノーボード、ライス28

使用ボードは、RT9(2017-2018モデル)144cmです。

ちなみに、ビンディングは、UNION(ユニオン)の「LEGACY」というモデルを使っています。

「RT9」は、しっかりした反発のわりに、トーションがしなやかなので、滑っていて硬いという印象はありません。

グラトリでも、しっかり踏み込むことで、気持ちよく反発します。

すごく乗りやすいので、女性にもオススメです!!

また、UNION(ユニオン)のビンディングが軽いということもあるけど、ボードも軽いと思います。

【トップシート】

RICE28 RT9 2017-2018 トップシート

【ソール】

RICE28 RT9 2017-2018 ソール

まとめ

今回、「RICE28 RT9」と「NOVEMBER ARTISTE」を乗り比べてみて感じたのは、「どちらも、すごくいい!」ということです。

若干、RT9の方が硬い気がしますが、そのあたりは慣れのレベルでしょう。

さすが、「オガサカ」といったところでしょうか。

コンベックスソールも、メーカーが違えど、ぜんぜん調子いいです。

それでは、お待ちかねの「自社ブランド VS OEM」の結果発表です。

勝者「NOVEMBER ARTISTE」!!

はい、そうです。

完全に、出来レースです。

だって、私は「NOVEMBER ARTISTE」しか乗らない、「ARTISTE愛」な男ですから。(笑)

理由が気になったというあなたは、こちらの記事をご覧ください。

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

少しだけ、真面目な話をすると、乗り心地という意味では、優劣はありません。

どちらも、最高にいいボードです。

後は、個人的な好みで、デザインや、メーカーイメージで選べばいいと思います。

ただ、一般的にOEMのボードの方が、自社ブランドより高額になりますので、そのあたりも比較していただくといいと思います。

「RICE28 RT9」いいボードです。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

パウダーボードの乗り心地とは?【CAPITA SPRING BREAK 試乗レポート】

平野歩夢(スノーボード)の進化が止まらない!【世界一のトリック集「2013-2018」】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク