バタレオン「3BT」VSノベンバー「コンベックス」【乗り心地の違いとは?】

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード ノベンバー・バタレオン

先日、友人が所有する、BATALEON(バタレオン)の板に、がっつり乗らせていただく機会がありましたので、試乗レポートさせていただきます。

私は、コンベックス大好き男で、NOVEMBER ARTISTE(ノベンバーアーティスト)以外の板は、乗らない(購入しない)と決めています。

そのぐらい、NOVEMBERの板に、信頼を置いています。

ちなみに、「なぜ、ノベンバーアーティストなのか?」については、こちらの記事で、想いのすべてを出しきっていますので、ご覧ください。

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

また、「コンベックスって何?」というあなたには、こちらの記事がオススメです。

コンベックスソールとは?乗り心地の違いは?

そんな、コンベックス大好きの私「やす(@honyuki39c)」が、最近、非常に気になっているボードが、BATALEON(バタレオン)なんです。

つまり、軽い浮気です・・・(笑)

バタレオンの板は、3BT(トリプルベーステクノロジー)という、ソール形状です。

ちなみに、3BTとは、簡単に説明するとこんな感じです。

  • 両足の間(バンディング間)は、フラットなソール
  • ノーズとテールの中心部分は、フラットなソール
  • ノーズとテールの両エッジ(トゥ・ヒール)側が、少し浮いているソール

バタレオン エヴィルツイン3BT説明

詳しくは、バタレオン公式サイトをご覧ください。

つまり、「少し形状は違うけど、コンベックスに近い乗り心地かな!?」という想いから、乗ってみたいという好奇心が溢れてしまったのです・・・

そして、ついに、この想いが実現したということです。

ちょっと、前置きが長くなりましたが、ノベンバーアーティスト(コンベックス)とバタレオン(3BT)を乗り比べて感じたすべてを、ここにまとめておきます。

ボード選びの1つの材料にしていただけると幸いです。

それでは、私の超偏った感覚(コンベックスマニア)による、試乗レポートです。

試乗ボード「BATALEON EVIL TWIN」

試乗させてもらったボードは、「バタレオン エビルツイン(少し前のモデル)」です。

【トップシート】

バタレオン エヴィルツイン

【ソール】

バタレオン エヴィルツインソール

このボードは、バタレオンの代表的なモデル(フリースタイル系)です。

ちなみに、メーカー説明では、このようになっています。

Evil Twin以上に幅広いライディングを可能してくれるフリースタイル・パークボードは存在しないでしょう。だからこそEvil Twinは最も長くラインアップに残ってきたのです。3BT™に新しくSideKick™ Tipsを搭載することでこのレジェンドボードが一新しました。迷ったらこのボード。間違いありません。

出典:バタレオン公式サイト

つまり、このボードに乗っておけば、バタレオンの板の特徴は、だいだい把握できるってことになります。

ちなみに、バタレオンの生産工場は、オーストリアの「MOTHERSHIP(CAPITA の工場)」ですので、品質について、心配する必要はありません。

乗って(滑って)みて感じたこと

「NOVEMBER ARTISTE(ノベンバーアーティスト)との比較において」という視点で、書いております。

ターン

  • ロングターンについては、エッジの切り替えや、カーヴィングでのエッジの抜け、ズレについて、不安に感じることはありませんでした。
  • ショートターンについては、エッジの切り替え時に、少し滑らかさ(スムーズさ)に欠け、力を使う感じがしました。

ボード硬さ・軽さ

  • ノベンバーアーティストと比べ、少し硬いです。
  • 軽さについては、ビンディングの重さもあるので、一概には言えませんが、違いを感じることはありませんでした。

直滑降(ちょっかり)

  • 「3BTって、ボードをフラットにしたときに、安定するの?」って、不安に感じる方が多いと思いますが、全く不安はありませんでした。
  • ノーズとテールのエッジ側が、少し浮いているので、無駄なエッジがかかったり、エッジが引っ掛かったりすることもなく、乗りやすかったです。

オーリー

  • はっきり言って、オーリーはしやすいです。
  • 恐らく、テール(ノーズ)を弾くときの、エッジの引っ掛かりが、少ないためだと思います。
  • 反発は、ノベンバーアーティストに比べ、クイックな印象です。

スピン後の着地に対するドライブ

  • グラトリでのスピンしか試しておりませんが、着地後のドライブについては、不安に感じることはありませんでした。
  • しっかりエッジングすることで、「ピタ!」と止まります。

逆エッジ

  • 逆エッジについて、軽減できると思います。
  • 何度がドライブさせてみましたが、ノーズとテールのエッジが浮いていることで、エッジの引っ掛かりが少ないと感じたためです。
  • 「初級者にもいいかも!?」って感じです。

まとめ

ここで、「バタレオン エビルツイン」と「ノベンバー アーティスト」の乗り心地の違いをまとめておきます。

  • ショートターンのエッジの切り替えにおいて、滑らかさ(スムーズさ)に欠ける。
  • オーリーは、スムーズで、クイックに反発する。
  • 少し硬い。

もともと、コンベックスソールが大好きということもあってか、3BTという形状については、違和感や不安感は感じませんでした。

今回は、パークのないゲレンデだったため、キッカーやBOXについては試しておりませんが、JIB用ボードという位置づけではなく、カーヴィングも含め、色々遊べるボードだと感じました。

「BATALEON EVIL TWIN(バタレオン エビルツイン)」

良いボードです。

おわりに

最後に、私の最終的な結論です。

「NOVEMBER ARTISTE(ノベンバーアーティスト)」最強!!

これを、再認識した1日でした!!(笑)

これは、完全に私の好みの問題ですが、コンベックスソールにおける、ターンの滑らかさ(スムーズさ)は、素晴らしいです。

ヌルヌルとターンできます。

ここが決め手でした。

やはり、「日本人が、日本人のために、日本で作ったスノーボード」が、私は好きです!!

繰り返しますが、完全に私の好みです!!(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

「足が痛い!」をあきらめない!スノボブーツの選びかた

ヘルメット【スキー・スノーボード】の重要性と正しい(かっこいい)かぶり方

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク