3種類のオーリーを使い分けて、スノーボードをもっと楽しむ!

シェアいただけると嬉しいです。

3種類のオーリーを使い分けろ

スノーボードの「オーリー」は、全部で3種類あります。

「オーリー」というと、ボードをフラットにして踏み込む(飛び上がる)イメージが強いかと思います。

でも、ゲレンデなどで滑っていて、常にフラットでオーリーを仕掛けられる(踏み切れる)わけではありません。

ですので、ゲレンデ全体を遊びつくすためには、3種類のオーリーをマスターする必要があります。

逆にいうと、3種類のオーリーが使い分けられるようになると、様々なトリックにつながり、スノーボードの可能性が一気に広がるってことです。

ぜひ、3種類のオーリーをマスターして、ゲレンデを遊びつくしましょう。

3種類のオーリー

1.基本(普通)のオーリー

ボードがフラットの状態で仕掛けるオーリーで、主に直進中に使います。

2.トゥ(つま先)エッジをかけたオーリー

トゥエッジ側のテール面を使ったオーリーで、主にフロントサイド(右)ターン中に使います。

3.ヒール(かかと)エッジをかけたオーリー

ヒールエッジ側のテール面を使ったオーリーで、主にバックサイド(左)ターン中に使います。

ターンの中に、オーリーを取り入れ練習する

上記の「3種類のオーリー」で紹介した、2と3のエッジをかけた状態で行うオーリーは、1のフラットで行うオーリーと比べ、ボードの接地面積が少ないため、バランスが取りづらいと思います。

つまり、「難しい」ということです。

なので、徹底的に練習するしかありません。

そこで、効果的な練習方法を紹介します。

「フリーライディングの中で、オーリーをしまくる」

これしかないと思います。

「ターンの中にオーリーを取り入れ、やりまくる!」ということです。

最初は、緩めのターンで、ゆっくりとしたスピードで行ってください。

そして、慣れてきたら、ターンの角度とスピードを徐々に調整していきます。

なお、こんなイメージです。

スノーボード、3種類のオーリー練習法

トゥーエッジで滑り始め、フロントサイドターンの途中で、オーリーをします。

このときは、トゥーエッジの面を意識し、オーリーしてください。

着地後、ヒールエッジに切り替え、バックサイドターンを行います。

そして、ターンの途中で、オーリーします。

このときは、ヒールエッジの面を意識し、オーリーしてください。

これを、ひたすら繰り返します。

慣れてくると、オーリーで飛び跳ねながら、ターンの切り替えができるようになります。

また、エッジをかける強さによってもバランスは変わってきますので、色々な強さで試してみてください。

フリーライディング中のオーリー【基本(普通)のオーリー】

3種類のオーリーを使い分けられるようになると、フリーライディングしながら、ゲレンデの色々な所で(ギャップや落ち込みなど)遊べるようになります。

これだけでも、楽しさ倍増です。

【アプローチ】
オーリーのアプローチ

【踏み切り】
オーリーの踏み切り

【ピーク(ノーズをポークしたため少し後傾です)】
オーリーのピーク

【ランディング】
オーリーのランディング

※これは、滑りながら、コースの起伏(緩い落ち込み)でオーリーしたイメージです。

まとめ

ゲレンデ中を遊びつくすためには、「3種のオーリー」は必須テクニックです。

最初は、バランスが取りづらく、難しいと感じるかもしれませんが、練習していくうちに必ず安定してきます。

ボードをフラットにして行う「基本のオーリー」をベースにし、少しづつ、エッジを使ったオーリーに発展させていってください。

なお、「トゥーエッジを使ったオーリー」と「ヒールエッジを使ったオーリー」については、かなり得意・不得意が分かれると思います。

ぜひ、得意なエッジからチャレンジしてください。

そのほうが、挫折しなくていいと思います。

私は、圧倒的に「ヒールエッジを使ったオーリー」が得意です!

ちなみに、オーリーの注意点は、こちらの記事をご覧ください。

オーリー【OLLIE】がスノーボードの楽しさを無限大に変える!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」
 
スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク