なぜ?スノーボードはトップシートよりも、ソールのデザインが重要なのか!?

スポンサーリンク

スノーボード、ミュートグラブ、ソールデザインの大切さ

僕は、スノーボードって、デザインもすっごく重要だと思っています。

理由としては、

「かっこよくないと、愛着が出ない」

からです。

 

スノーボードをする日って、ほぼ1日中ボードと一緒です。

そうです、「付き合い始めの恋愛か!?」ってぐらい一緒にいるんです。

 

特に、僕の場合は、

  • 休憩なし
  • 昼食なし
  • バカンスなし

で滑り続けるスタイルのため「片時も離れられない状態」です。

 

そりゃー、そんなに一緒にいる相棒ですから、気に入ったデザインの方がいいに決まっています。

 

例えるなら、「すっごいかわいい彼女を連れてデートに行きたいぜ!」というささやかな優越感みたいなもんです。

しかも、かわいい彼女を連れているところを誰かに見せつけたい!!

 

おっと、高校生の頃の淡い夢が、よみがえってしまいました・・・(笑)

 

というように、誰にだって少なからず「他の誰かにアピールしたい!」という欲求があると思うんです。

 

ちなみに、それは、スノーボードだって同じです。

かっこよく決めたトリックを、みんなに見てほしい。

 

そして、できれば「キャー、キャー」言われたい・・・

 

そんなとき、「パッ」としないデザインや、あまりにも地味なデザインでは、見ている人にアピールどころか、何のトリックをやっているかさえも、わからなかったりします。

特に、動画撮影となると、そのあたりは顕著に表れてきます。

 

ですので、スノーボードを購入する(選ぶ)ときは、デザインにもこだわってほしいと思います。

 

で、特に、こだわってほしいのは「トップシート(ビンディングを付ける側)」ではなく、「ソールデザイン(滑走面)」です。

 

なぜなら、スノーボードの板においては「トップシート」よりも「ソール」の方が、露出度が高いからです。

 

デザインにこだわって、ボードを購入される方って結構多いと思いますが、「ソールって、滑っているとき、ぜんぜん見えないから何でもいいや!」って思っているなら、今すぐ、改めてください。

どっちかって言うと「トップシート」のデザインは、どうでもいいんです!

 

そんなことで、この記事では、

「なぜ?スノーボードはトップシートよりも、ソールのデザインが重要なのか!?」

について徹底解説します。

 

超偏りでいきますよ。(笑)

なぜ?トップシートよりもソールのデザインが重要なのか!?

いきなり、結論からいっちゃいます。

スノーボードは、トップシートが見えることがほとんどない

滑っているときは、ボードに雪が積もり、ほとんどデザインが見えません。

また、レストランなどでの休憩中は、トップシート(ビンディングを付ける側)を雪面につけて置くことがほとんどです。

 

え!?「立てかける場合は、ソールが見えるじゃないか?」って・・・

 

じゃー、僕は、立てかけない!(笑)

 

つーか、僕は、休憩しない!(これマジです)

ソールデザインは、カスタマイズできない

トップシートにはステッカーを貼ることができるので、自分でどんどんデザインをカスタマイズできますが、ソールにステッカーを貼ることはできません。

 

つまり、「ソールデザインは変更できない」ってことです。

ソールデザインは、結構、見られている

スノーボードとは、飛んだり、跳ねたりを頻繁に行うスポーツ(遊び)です。

つまり、常に、雪面にソールが着いているわけではないのです。

 

ですので、チラリズムも含め、あなたが想像している以上に、スノーボードのソールって結構見られてるんです。

じゃあ、どんなときにスノーボードのソールって見えているの?

ゲレンデでソールが見られている瞬間を紹介します。

「え!?こんなに見られているの?、ちょっと、恥ずかしい・・・」ってなるかも。(笑)

キッカーを飛んでいるとき

この写真は、「ノーズグラブ」ですが、もう丸見えです。

スノーボード、ノーズグラブ、ノベンバー、ソールデザイン

ミュートグラブでも、同様です。

スノーボード、ミュートグラブ、ソールデザイン

フリーライディング中にオーリーしたとき

これは、オーリーで飛び上がったところです。

どうです、丸見えです。

スノーボードのオーリー

リフトに乗っているとき

リフトは、ヤバイ!

こんなに見せちゃっていいの!?

リフトの上で、スノーボードのソールを見せる

ゲレンデ横に座っているとき

これも、まずまずですね。

いい角度です。

スノーボードを座って履いているところ

休憩中にボードを置いておくとき

ここまで来ると、無防備すぎて、手が出せません・・・

スノーボード、ライド、ノベンバー、ソールデザイン

まとめ

いやー、どうしようもなく、丸見えでしたね。

ちょっと、目のやり場に困るシーンも多々ありました。

 

でも、ご理解いただけたんじゃないですか?

 

こんなに見えてるんだから、いつだって「勝負ソール」じゃないとね。

だって、それって、身だしなみの1つでしょ!?

 

「見えないからいいや」はダメですよ。

だって、丸見えなんですから。

 
ちなみに、僕は、派手なソールが大好きです。

撮影栄えも、すっごいですし!!

 

ということで、ボードを選ぶ際は「ソールデザイン」にもこだわってください!

おわりに

「スノーボードはデザイン重視だぜ!」っていうあなたには、リブテックのボードがオススメです。

スノーボード・レジェンド「ジェイミー・リン」が、グラフィックを描いています。

特に、ソールがやばい!!

 

「ジェイミー・リンって誰だよ?」というあなたは、こちらの記事をご覧ください。

動画付きで、スタイルについて説明してます。

スノーボードのスタイルとは?レジェンド「ジェイミー・リン」に学ぶ
スノーボードにおいて、「スタイル」という言葉は、頻繁に使われます。 「スタイルを入れる!」 「スタイルがヤバイ!」 「スタイルが出る!」 などなど。 このブログでも、「スタイル」という言葉は、使わせてもらってます。 私の...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました