カタログからでは分からない!スノーボード【板】の硬い・柔らかいの判断基準!

シェアいただけると嬉しいです。

このスノーボードって硬いの?柔らかいの?

スノーボードの板を選ぶ(購入する)際に、ボードの硬さを気にされる方は多いと思います。

以前、違うメーカーのボードで比較(購入検討)していた際に、メーカーによって硬さの基準が全然違うことに驚きました。

わかりやすく言うと、

  • Aメーカーの「柔らかいボード」
  • Bメーカーの「硬いボード」

を比較したときに、Bメーカーの「硬いボード」の方が、柔らかい場合があるってことです。

つまり、ボードの硬さとは、各メーカーさんが独自に設定していて、あるメーカーでの「柔らかいの基準」と、別のメーカーでの「柔らかいの基準」が全く違うってことです。

「じゃあ、硬い・柔らかいの判断基準って何だ?」ってことになりますよね。

ってことで、今回は「何をもって、硬い・柔らかいを判断すればいいのか?」についてご紹介します。

硬い・柔らかいの判断基準

ボードの硬さは、フレックス(しなり)とトーション(ねじれ)のバランスによって判断されます。

一般的に、柔らかいボードの方が、操作性が高く、扱いやすい印象です。

その分、高速滑走の際は、ボードがブレやすく安定しません。

一方、硬いボードは、高速滑走時の安定性が高くブレが少ない印象です。

ただ、ボードに乗る人によって、「ボードの硬さ」について、感じ方が全然違います。

例えば、体重60kgの人と、体重90kgの人が同じボード種類のボードに乗った場合、当然ですが、90kgの人のほうがボードが、柔らかく感じます。

板にかかる荷重が、純粋に30kg多くなりますので、当然と言えば当然ですね。

ですので、ボードも「ふにゃふにゃ」に感じます。

もうお分かりですね、ボード選びの1つの要素としては「体重を基準に硬さを選ぶ」とが大切なんです。

そして、体重という要素が「スノーボードの硬い・柔らかいの判断」に大きな影響をおよぼすのです。

なお、フレックスについては、こちらの記事をご覧ください。

スノーボードのフレックス【FLEX】とは?ボードのしなりを感じよう!

ボード選びの注意点

身長を基準にするは間違い!?

一般的には、身長からマイナス15~20cmとか言われますよね?

人によって、体格(筋肉)、体重が全然違うのに・・・

身長からは、長さの目安を知る程度にし、体格、体重、やりたいことなどを総合的に見て判断したほうが良いと思います。

ちなみに、私の場合は、主に、フリーラン・パーク・パウダーで遊んでいますが、

  • 身長 172cm
  • 体重 58kg
  • ボード 152cm(ノベンバーアーティスト)

を使っています。

これです。

なかには、身長180cmオーバーで、ボード154cmを使っている友人もいます。

なお、カタログに「このボードの適正体重は、○○~○○kgです。」みたいに記載しているボードメーカーさんもあります。

それぐらい、スノーボードにおいて、体重って重要な要素なんです。

プロモデルはオススメできない!

原則、プロスノーボーダーのプロモデルは購入しないでください。

扱えれば、高いパフォーマンスを発揮できるのでしょうが、プロボーダーとは体格が違い過ぎます!!

シーズン中、滑り続けている人と、会社員ボーダーでは比較になりません。

必ず、一般スノーボーダー向けの板を選んでください。

プロを目指している人は、プロモデルでもいいかもしれませんが・・・

まとめ

はい、結論です。

スノーボード(板)における「硬い・柔らかいの判断基準」は、ありません!!

「えーーーー!?じゃーどうしたらいいの?」

では、理由を!

結局、硬い・柔らかいって、ボードに乗る人の主観的なものなんですよね。

体重が重い人が乗れば、柔らかく感じますし、体重が軽い人が乗れば、硬く感じます。

これは、体重だけではなく、筋力も大いに関係してきます。

つまり、ボードメーカーが示している「硬い・柔らかい」については、あくまでも1つの目安にしかなりませんので、自分の体重や筋力を考慮し、微調整するしかありません。

ですので、現在使用しているボードより「硬くしたいのか?それとも、柔らかくしたいのか?」がスタート地点だと思います。

ちなみに、私の友人が乗っているボードは、すっごく硬いですが、その友人は「そうでもないっす!」って言っています。

逆に、その友人が、僕のボードに乗れば、ペラペラに感じるでしょう。

そんなもんです、人の感覚なんて!

慣れれば問題なしです。(笑)

おわりに

私は、キャンバー形状で、柔らかいボードが好きです。

柔らかい方が、全体的に扱いやすく、操作性が高いんですよね。

まー、高速滑走で暴れる板を、がっつり踏んで押さえつけるのが好きという個人的な好みもありますが!(笑)

また、10mキッカーぐらいまでで遊ぶなら、柔らかいボードで、ぜんぜん十分です。

そんなにアプローチ速度も速くないですしね。

なお、私の個人的な意見としては、

「会社員は、10mを超えるキッカーは飛ぶな!!」が基本です。

怪我すると、会社や家族、仲間に多大な迷惑をかけますので!!

全くもって、笑えませんから・・・(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

スノーボードは生産工場で選べ!【自社工場を持ってるメーカーを紹介】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク