ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

シェアいただけると嬉しいです。

湯の丸スキー場キッカー

スノーボードにおいて、キッカーで「グラブトリック」を決めるというのは、1つの憧れではないでしょうか。

スノーボードのトリックは、1つひとつに、「魅せるポイント」があり、また個人個人、スタイルが全く違います。

自分の目指すスタイルが見つけられた人は、そこに向かって一直線で走ればいいと思います。

もし、あなたが、まだ迷走しているなら、色々なスタイルを見てみることをオススメします。

「こんなふうになりたい!!」と思うスタイルが必ずあるはずです。

ここに示しているのは、普通の会社員が、

「すごく遠まわりしながら、上手くなりたいという思いで、キッカーを飛び続けた結果から得たもの」です。

もし、私の理論が、あなたのレベルアップに繋がる、ヒントとなれば嬉しく思います。

グラブトリック入門

1.グラブ初心者向けのグラブは?

「キッカーでグラブをしてみたいんだけど、何からチャレンジしたらいいの?」というあなたには、こちらの記事がオススメです。

⇒ キッカー初心者のためのグラブ入門【何からはじめる?オススメグラブトリック】

2.インディグラブ

一番基本的なトリックで、スタイルのバリエーションも多いです。

グラブ初心者や、「インディを進化させたい」と考えているなら、

⇒ インディグラブ入門【ストレートジャンプ】

がオススメです。

3.メランコリーグラブ

このグラブも、初心者向きだと思います。

グラブすることで、姿勢がコンパクトになり、安定度が増します。

スノーボーダーなら誰もが憧れる、「トゥイーク」への最初のステップです。

⇒ メランコリーグラブを極め、メソッドとトゥイークを手に入れろ!

4.ミュートグラブ

「魅せるグラブ」の代表格です。

シフトとポークで、全く違う印象を与えられます。

「グラブしようとすると、バランスを崩す」「シフトが上手くいかない」などで、悩んでいるあなたには、

⇒ ミュートグラブでダイナミックな魅せるグラブを手に入れろ【シフトとポークがスタイルの要】

がオススメです。

5.テールグラブ

重心(位置)のコントロールを求められるトリックです。

ゲレンデのちょっとしたギャップなどでも、かなり活用できるトリックです。

ボード(テール部分)を引きつけるポイントと、ちょっとズルい裏技などを紹介しています。

「どうしてもグラブが届かない・・・」と、悩んでいるなら、

⇒ テールグラブ入門【インディでポークができれば必ずできる】

がオススメです。

6.ノーズグラブ

独特な空中バランスを求められるトリックです。

ボード(ノーズ部分)を引きつけるポイントと、「キッカー形状別のオーリーの意識」について紹介しています。

⇒ ノーズグラブ入門【オーリーとポークを意識すれば必ずできる】

キッカーサイズを上げていくには

キッカーサイズを大きくしたいのに、なかなかサイズアップができずに悩んでいるなら、キッカーを意識したフリーライディングで、一気に改善できます。

そんな悩みを抱えている、あなたには、

⇒ ハイスピードの「フリーライディング」で、飛び(キッカー)のレベルを引き上げる!

がオススメです。

魅せるグラブ

グラブトリックの「魅せるためのスタイル」について、画像つきで紹介しています。

⇒ グラブだけでも十分かっこいい!!【魅せるグラブ】の紹介

まとめ

スノーボードの基礎的な部分を徹底し、「あなたの目指すスタイル」、「あなたに合った理論」に出会うことで、一気にトリックの完成度を上げていくことができます。

目標が決まると、あとは走るだけです!!

スノーボードに、正解も不正解もありません。

あなたが、「かっこいいと思うスタイル」を目指してください。

ちなみに、ここに示しているのは、私の1つの理論【例】です。

参考にしていただけるなら、嬉しく思います。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

デスレーベルの「デスシリーズ」を試乗してわかった3つのこと【スノーボード試乗レポート】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク