想像を絶する難しさ!セパレートスノーボードNICO(ニコ)の紹介

シェアいただけると嬉しいです。

セパレートスノーボード「ニコ」の紹介

今回は、腕に自信があるスノーボーダーに、ぜひとも乗ってみてほしい、

セパレートスノーボード「NICO(ニコ)」

を紹介します。

はっきり言って、こいつ、スゲーーーームズイっす!!

ちなみに、自慢でも何でもないんですが、僕は、

  • スノーボード暦15年以上
  • 毎年30~40日滑走
  • 10m以上のキッカーだって笑顔で飛ぶ
  • 一応、スピントリックだって打つ
  • そこそこの「太もも筋肉(足筋あり)」

って、男です。

そりゃー、多少なりとも、スノーボードに自信を持っています。

なので、「NICO(ニコ)」に乗る前は、

「いくら2つに分かれているとは言え、結局は、スノーボードなんだろ!?」

って思っていました。(ちょっと、調子乗ってます)

でも、「NICO(ニコ)」に乗った途端、その自信は跡形もなく崩れ落ちました・・・

なお、始めて乗ったとき、

  • ちょっと、調子に乗っていた自分が恥ずかしい
  • ボードがぜんぜん踏めていない
  • 体力(筋力)がぜんぜんない

って思い、凹みまくりました・・・

でもね、こやつ、ハンパなくムズイんすよ。

難易度としては、拷問レベル!!

(言い訳です・・・)

そんなことで、過去の調子に乗ってた自分に、

  • NICO(ニコ)に乗らずに、スノーボードを語るんじゃねーよ!!
  • 調子に乗ってないで、謙虚に学べ(精進しろ)!!
  • トレーニングが足りないんじゃないか、体力がもたないのは!?

という戒めの意味を込め、「はじめてのセパレートスノーボード(ニコ)」についてまとめておきます。

もし、あなたが、スノーボードで調子に乗り始めている、もしくは、少しマンネリ化しているなら、ぜひ「セパレートスノーボードNICO(ニコ)」を試してください。

あまりの難しさに、「謙虚に学ぶ気持ちと、スノーボードを始めた頃の熱すぎる想い」がよみがえってくるかもしれませんよ。(笑)

「NICO(ニコ)」って、どんなスノーボード?

「NICO(ニコ)」は、スノーボードを真ん中で2つに割ったようなデザインで、2枚で1セットのスノーボードです。

セパレートスノーボード「ニコ」(1)

前から見ると、普通のスノーボードに見えますね。(笑)

セパレートスノーボード「ニコ」(2)

NICO(ニコ)は、スノーボードのビンディングを取り付けて滑ります。

セパレートスノーボード「ニコ」でビンディングを締めているところ

両足に1枚ずつボードを履くため、両足の可動域がめっちゃ広いです。

セパレートスノーボード「ニコ」(3)

セパレートスノーボード「NICO(ニコ)」の特徴

普通のスノーボードと違い、両足が固定されているわけではないため、ボードを履いたまま、普通に歩けます。

また、リフトに乗るときに、いちいち、片方のビンディングを外す必要がありません。

セパレートスノーボード「ニコ」横歩き(1)

セパレートスノーボード「ニコ」横歩き(2)

セパレートスノーボード「ニコ」横歩き(3)

セパレートスノーボード「NICO(ニコ)」の滑り方

「NICOラー(ニコラー)」の友人をモデルに、滑り方を紹介します。

基本は、スノーボードと一緒です。

しっかりボードを踏み、滑り始めます。

普通のスノーボード以上に、しっかり踏みこまないと、両足が広がってしまい、ターンができなくなります。

セパレートスノーボード「ニコ」の滑り(1)

後ろ足を、ズラしての「フロントサイドターン」

セパレートスノーボード「ニコ」の滑り(3)

後ろ足をズラしての「バックサイドターン」

セパレートスノーボード「ニコ」の滑り(2)

両足を揃えての「フロントサイドターン」

普通のスノーボードに見えます。

セパレートスノーボード「ニコ」の滑り(8)

両足を揃えての「バックサイドターン」

セパレートスノーボード「ニコ」の滑り(7)

止まる時は、スノーボードと同じです。(しっかりエッジを踏み込みます)

セパレートスノーボード「ニコ」でストップ

こんな風に、「NICOラー(ニコラー)」の友人は、1日中、NICO(ニコ)で遊びます。

「スイスイ」と滑って、簡単そうでしょ!?(笑)

セパレートスノーボード「NICO(ニコ)」は何が難しいのか?

おそらく、「NICO(ニコ)」の難しさは、乗った人にしかわからないと思います。

見てるだけだと、簡単そうに感じますし。

なので言葉で伝えても、ほぼ信じてもらえないと思いますが、がんばって伝えてみます。(笑)

NICO(ニコ)はしっかり踏まないと、ボードが離れてしまう!

はじめて、NICO(ニコ)に乗ったとき痛烈に感じたのは、両足ともしっかりボードを踏み込まないと、ボードがブレまくるってことです。

なので、急斜面の滑走はかなりつらく、太ももの筋肉を根こそぎ破壊します!!(接地面が少ないのが原因だと思いますが・・・)

はじめての「NICO(ニコ)」は、緩斜面で遊びましょう

ちょっと気を抜くと、後ろ足がどんどん離れてしまう

これは、1つめの「しっかり踏む」と近いんですが、足が疲れてきたときなど、ちょっと気を抜くだけで、後ろ足のボードが、どんどん離れていきます。

これは、ボードと雪面の摩擦が原因だと思います。(後ろ足が引っ張られる感じです)

ターンが安定しない

有効エッジが短いため、普通のスノーボードと比べると、かなり不安定です。

また、その分、おもいっきり踏み込むので、体力の消耗が凄まじいです・・・

はじめてのセパレートスノーボード「NICO(ニコ)」

僕の場合は、こんな感じでした。

はじめてスノーボードをやったときのような、この不安定感!!

そう、まるで生まれたての小鹿のようです。(笑)

はじめてのセパレートスノーボード「ニコ」(1)

必死に「ボード」を踏みますが、こんな感じで超ワイドスタンスに!!

はじめてのセパレートスノーボード「ニコ」(2)

当然、最終的に、こうなります。

はじめてのセパレートスノーボード「ニコ」(4)

見てください、この強烈な「フロントサイドターン」を!!

もはや、ターンなのかさえもわかりません・・・

はじめてのセパレートスノーボード「ニコ」(3)

当然、こうなります。

はじめてのセパレートスノーボード「ニコ」(5)

セパレートスノーボード「NICO(ニコ)」は、疲れがハンパねー!!

「NICO(ニコ)」は、両足の筋肉を限界まで「いじめてくれる」ため、たった1本滑っただけで、こうなります。

ハデハデな友人の「NICO(ニコ)」デビュー戦です。

1本目から倒れこむほどの凄まじい疲れ。(転倒も多いですからね・・・)

セパレートスノーボード「ニコ」で滑った後の疲れ(2)

はっきり言って、1日中、スノーボードするよりもダメージがでかいです!!(笑)

セパレートスノーボード「ニコ」で滑った後の疲れ(3)

セパレートスノーボード「NICO(ニコ)」の値段

普通のスノーボードに比べて、「NICO(ニコ)」は安いです。

なので、みんなで割り勘し、使い回して遊んでみてください。

最高におもしろいはず!!(いろんな意味で・・・)

「NICO(ニコ)」の定価:25,920円(税込)

まとめ

セパレートスノーボード「NICO(ニコ)」に乗ってみると、普段のスノーボードで、どれだけ楽して滑っているかを痛感すると思います。

だって、普通のスノーボードなら、ぜんぜん踏まなくたって「ターン」できますし、両足が固定されていることで、後ろ足が離れていってしまうことがないからです。

そう思うと、

「普段は楽して滑っている」ってことに気づけるだけでも、「NICO(ニコ)」に乗ってみる価値は十分ある

と思います。

ぜひ、スノーボードをもっと楽しむためにも、「NICO(ニコ)」を試してみてください。

ほんと、いろんな意味でオススメなんで。(笑)

なお、試したことはありませんが、「NICO(ニコ)」でパウダーを滑るのは危険なのでやめましょう。

場合によっては、春(雪どけ)まで出てこれなくなるかもしませんので。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

スノーボードって、どうやって選んだらいいの?【ボード選びのすべての要素】

グラブでスタイルを追求する【魅せるグラブ】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク

コメント

  1. なとも より:

    初めまして。
    私も昨シーズンNICOデビューしたので、共感しながら読みました。

    唐突ですけど、ビンディングの角度ってどうしてますか?
    何度も試行錯誤したものの、「これだ!」という角度は分からず、私は両足共に0度に落ち着きました。
    もしおススメがあったら教えてください。

    • やす より:

      なともさん
      ブログをお読みいただきありがとうございます。
      また、コメントまで!!
      感謝です。

      ビンディングの角度についてですが、友人が取り付けした角度で遊んでいるだけなので
      全くお役に立てません・・・
      すみません。
      ちなみに、ブログで紹介している「NICO」ですが、前12・後-12のセッティングです。
      ただ、個人的には、後ろ足は、あまり角度を入れないほうが「しっかり踏めるかな~」って感じてます。