子どものボード選びに悩んだら「K2スノーボード(3点セット)」を!

シェアいただけると嬉しいです。

湯沢中里スノーリゾート パノラマコース4

この記事は、4歳からスノーボードを始めた息子(現在9歳)が、ずーっと愛用しているK2スノーボードの「子ども用3点セット(BOYS・GIRLS GROM PACKAGE)」の紹介をしています。

「子どものスノーボードって、何を基準に選んだらいいの?」

「K2スノーボードの3点セットって、品質や使い勝手はどうなの?」

「結局、どれを買えば間違いないの?」

と、子どものボード選びに悩んでいる方に、ぜひ、読んで欲しいなって思います。

なお、参考までにお伝えしておきますが、

息子のスノーボードレベルは、

  • レギュラースタンスの連続ターン(スラスラできます)
  • 滑りながらのオーリー(不安定)
  • リストの乗り降りが1人でできる

って感じです。

なので、

「キッカーやBOXをガンガン攻めたいんだけど・・・」

というハイレベルなお子さんには、あまり参考にならないと思います。(笑)

そこまでのレベルの人は、そもそもボード選びに悩まないかもしれませんが・・・

初めてのスノーボードギアは、「K2スノーボード(3点セット)」で決まり!

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGE(1)

まず、結論からです。

子ども用の「K2スノーボード(3点セット)」超オススメです!!

オススメポイントとしては、

  • ロッカー系のボード形状のため、逆エッジになりにくく、少ない力でターンできる
  • ブーツのサイズ調整可能(約2cm)
  • BOAシステム(ダイヤル式)のブーツのため、子どもでも簡単にブーツを締められる
  • ビンディングのラチェットが1つのため、ボードを履くのが楽々
  • 3点セット(ボード、ビンディング、ブーツ)が安い!!

の5つです。

それでは、1つずつ説明していきます。

ロッカー系ボードで、逆エッジを回避し、簡単にターンでできようにする

K2スノーボードminiturbo(5)

K2スノーボード(3点セット)のボードは、ロッカー系の形状を採用しています。

シェイプとしては、こんな感じです。(K2のカタログからの引用です)

K2スノーボードminiturboシェイプ

ロッカー系ボードの特徴としては、

  • キャンバーボードと比べ、圧倒的に「逆エッジ」になりづらい
  • ボードをしっかり踏めなくても、ターンがしやすい
  • 柔らかめのボード(フレックス・トーション)設定ため、操作性が高い

って感じです。

つまり、スノーボード初心者にとっては、「夢のようなボード」ってことです。(笑)

特に子どもは、うまく滑れなかったり、転倒して痛い思いをすると、スノーボードが嫌いになっちゃいます。

スノーボードを楽しんでもらう(好きになってもらう)ためにも、オススメのボードです。

3枚のインソールで、ブーツのサイズ調整ができる

子どもは、すっごいスピードで成長するので、すぐに「ブーツ」が履けなくなっちゃいます。(サイズが合わなくなってしまう)

だからと言って、その都度、ブーツを買い替えていたら財政破綻します・・・(笑)

でも、K2のブーツなら、約2cmの範囲で、ブーツサイズを調整できます。

これって、すっごく嬉しい機能ですよね。

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEブーツ(5)

インソールを外すと、ブーツの中はこんな感じになります。

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEブーツ(6)

なお、「K2スノーボード(3点セット)」のブーツは、こんな感じです。

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEブーツ(1)

前から見ると

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEブーツ(2)

滑り止め機能バッチリのソール

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEブーツ(4)

BOAシステム(ダイヤル式)で、子どもでも簡単にブーツを締められる

スノーボードブーツを締めるのって、結構、力を必要とするため、力の弱い女性や子どもの場合、なかなかブーツを締められません。

だからと言って、しっかりブーツを締めないと、ボードに力が伝わりづらく、無駄に足が疲れたり、ターンがしづらくなったりします。

でも、K2スノーボードのブーツは、BOAシステム(ダイヤル式)を採用しているため、ブーツを締めるのに、全く力を必要としません。

なので、誰でも簡単に締めることができます。

ブーツを履いたり、脱いだりも超早くできます。
 
ブーツを締めるときは、ダイヤル部分を、すね側に押して「カチッ」と鳴ったら、ダイヤルを回すだけです。

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEブーツ(3)

逆に、ブーツを脱ぐときは、たったの3ステップです。

  1. ダイヤル部分を引っ張る(カチッと鳴ります)
  2. ワイヤーが緩むので、すねがあたる「タン」を前に倒します
  3. 足をブーツから引く抜きます

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEブーツ(7)

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEブーツ(8)

ラチェットが1つのビンディングのため、ボードを履くのが楽々

スノーボードは、1日のうちに何回もビンディングを着けたり外したりします。(リフトや休憩など)

大人であれば、「サクサク」着けられますが、子どもの場合、ビンディングのラチェットを締めるのって、結構大変なんですよね。

でも、「K2スノーボード(3点セット)」のビンディング場合、ラチェットが1つのため、子どもの負担を軽減できます。

一般的なビンディングは、2つのラチェット(トゥー側・アンクル側)でブーツを固定します。

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEビンディング(4)

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEビンディング(3)

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEビンディング(2)

ブーツを履いて、ビンディングを締めるとこんな感じ。

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEビンディング(5)

「K2スノーボード子ども用3点セット」は安い!!

一般的に、「ボード、ビンディング、ブーツ」をバラバラに購入した場合、結構な金額になっちゃいます。

僕が大好きな「ノベンバー」の場合、ボード(キッズ用)だけで3万円を軽く超えちゃいますし。

でも、3点セットの「K2スノーボード(BOYS・GIRLS GROM PACKAGE)」なら、25,000円~30,000円ぐらいで購入できます。

ちなみに、うちは、25,900円(税別)で購入しました。

ぜひ、チェックしてみてください。

【男の子なら】

【女の子なら】

なお、K2スノーボードは、自社工場を持っているため、コストパフォーマンスがすごくいいです。

安くても、品質は問題ありませんので、ご安心ください。

スノーボード工場については、こちらの記事をご覧ください。

スノーボードは生産工場で選べ!【ボード選びの1つの要素】

その他の情報

スタンス幅の調整

子どもの成長にあわせて広げていけます。

K2スノーボードminiturbo(1)

スタンス角度(アングル)調整

ビンディングのスタンス角度(アングル)の調整は、

  • 0度
  • プラスマイナス7度
  • プラスマイナス14度
  • プラスマイナス21度

の4種類となっています。

一般的なビンディングの場合、3度ずつ「スタンス角度」の設定ができますが、「K2スノーボード(3点セット)」のビンディングの場合は、7度ごとの設定となります。

こんな感じです。

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEビンディング(1)

ビンディングは、2本のビス(ネジ)で止める

一般的なビンディングは4本のビスで止めますが、「K2スノーボード(3点セット)」のビンディングの場合は2本のビスで止めます。

こんな感じです。

K2スノーボードBOYS GROM PACKAGEビンディング(6)

3点セットをセットアップすると

ビンディングを着けました。

K2スノーボードminiturbo(3)

さらに、ブーツを着けると・・・

こんな感じになります。(かっこいいでしょ~)

K2スノーボードminiturbo(4)

ボードのフレックス(柔らかさ)

9歳の小学生が、テール側を軽く踏むだけで、ノーズが浮いてきます。

小学生のスノーボードのテールプレス

オーリーをすると、こんなにしなります。

柔らかさが、伝わりますかね!?

小学生のスノーボードのオーリー

「K2スノーボード子ども用3点セット」の残念なところ

ほんと、有り難いセットなんで、ほとんどデメリット(残念ポイント)はないんですが、唯一気になるのが、

ビンディングの「センタリング調整」ができない!!

ってところですかね。

3点セットのまま使い続けるなら、ブーツのサイズにビンディングを合わせてあるでしょうから問題ないと思いますが、今後、ブーツだけを買い替えた場合に、センタリングが合わなくなる可能性があります。

「センタリング調整」の詳しい説明は、こちらの記事をご覧ください。

滑りを変える!ビンディング(スノボ)の正しいセッティングのしかた

まとめ

K2スノーボードの「子ども用3点セット(BOYS・GIRLS GROM PACKAGE)」は、子どもが、安全で簡単にスノーボードを始めるための心遣いが満載です。

うちの息子も5年間使ってきましたが、控えめに言っても、超オススメです。(ちなみに、うちの息子は、9歳にしてすでに2本目です)

【1代目(90cm)・2代目(110cm) K2スノーボード】

K2スノーボードminiturbo(2)

もし、「子どものスノーボードは、どれがいいかな~」と悩んでいるなら、「K2スノーボード(3点セット)」を検討してみてください。

サイズバリエーションも多いので、子どもの年齢や体型にあわせて選べますよ。

なお、「K2スノーボード(3点セット)」のサイズバリエーションは、次のとおりです。

サイズ選びの参考にしてください。

K2スノーボード(子ども用)サイズチャート

【男の子なら】

【女の子なら】

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

スノーボードは何歳から始める!?【子供のスノボデビューに必要なもの】

はじめてのスノーボードの教え方【子どもにわかりやすく伝える方法】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク