コンベックスソールとは?乗り心地の違いは?【オガサカの技術を紹介】

スポンサーリンク

スノーボード「ノベンバーアーティスト」ソールデザイン

国産スノーボード工場「小賀坂(オガサカ)」で生産されるスノーボード(板)は、ほぼ「コンベックスソール」を採用しています。

 

僕も長年、愛用させていただいており、乗れば乗るほど、最強だと気づかされます!

いや、ほんとに最強なんです。

ショップの店員さんも含め、誰に聞いても「国産ボードは、良いよねーーーー!」って言われますし。

 

ちなみに、なぜ、国産ボードが良いかというと「日本人が日本人のために作っているボード」のため「日本人の体格や日本の雪質に合っている」ということなのだと思います。

決して海外製のボードの質が低いということではありません。国産ボードが、良すぎるだけです!!(笑)

 

そこで今回は、最強の国産ボード(オガサカ)に代表される「コンベックスソール」の形状と、その乗り心地についてまとめておきます。

 

ボード選びの参考にしていただけると嬉しく思います。

コンベックスソール

コンベックスソールとは、ボードのソール面が船底のように膨らんでいるソールです。

これにより、両サイドのエッジが、引っかかりづらく、スムーズにエッジ切り替えが可能になります。

ソール形状

スノーボード

コンベックスソールの説明
※分かりやすいように、極端に表現しています。

 

見ていただいたとおり、コンベックスソールとは、雪面に対し両サイド(ヒール・トゥ)のエッジが微妙に浮いています。

この微妙な浮きが、乗り心地を劇的に変えます。

 

なお、コンベックスとは逆に反っている状態を、コンケーブと呼びます。

コンケーブになってしまっているソールは、あまり良い状態ではありませんので、チューンナップに出すことをオススメします。

乗り心地

乗り心地は、最強です!!(必ず、フラットなソールとの違いに気づくと思います)

エッジの切り替え、キッカーの抜けなど、逆エッジの引っかかりも少なく、すべてがスムーズになります。

また、グラトリ、BOXにも効果を発揮します。

 

ただ、フラットなソールと比べて、コンベックスソールは、フラットな状態が作りづらいかもしれません。

ある友人は、この理由により、コンベックスソールには乗らないと言っています。

コンベックスソール採用の主なメーカー

小賀坂自社ブランド

NOVEMBER

僕が愛用している、ノベンバーです。

何度も言いますが、最強です。

なお、フリースタイル系ボードが多い印象です。

SCOOTER

ノベンバーと同じく、オガサカの自社ブランドです。

ノベンバーよりも、幅広い層をターゲットにしてる印象で、ビギナーにもオススメです。

OGASAKA SNOWBOARDS

こちらもオガサカ直営の自社ブランドです。

名前がそのままなんで、わかりやすいですね。

ノベンバーに比べ、フリーランやカーヴィングをメインにしている印象です。(トリック重視ではない)

OEM(メーカーからの依頼により小賀坂工場にて製作)

011 ARTISTIC

グラトリ好きなら、このメーカーしかないでしょう!

僕が乗った印象としては、柔らかめのボードでありながら、しっかり反発する印象です。(モデルにより違いがあると思いますが)

RICE28

20年以上の歴史を誇る国産スノーボードです。

ここのボードも乗りやすいです。

 

なお、こちらの記事で試乗レポートしてます。

女性にもオススメ!国産スノーボード「RICE28 RT9」が乗りやすい!

 

OEMのメーカーは、他にもあるかもしれませんが、正確に把握しておりません。

まとめ

コンベックスソールは、とてもメリットの多い技術だと思うのですが、採用しているメーカーは少ない気がします。

 

僕は、コンベックス大好き人間なので、おそらく、コンベックス以外のボードは購入しないと思います。

ただ、個人の好みもありますので、一度、試乗していただくことをオススメします。

 

ちなみに、コンベックスソールのボードを「チューンナップ」に出す時には、注意してください。

 

理由としては、

「コンベックスソールは、船底のように中央が膨らんでいるため、通常のチューンナップに出してしまうと、せっかくのコンベックスソールが削られてしまい、フラットソールになってしまう可能性がある」

からです。

 

ですので、事前にお店に相談し、コンベックスソール対応のチューンナップが可能かどうか、確認したほうがいいです。

高いお金を出して、ボードをチューンナップしたのに「ソールが、フラットに・・・」なんて、ぜんぜん、笑えませんから。

 

【関連記事】

「国産ボードが、なぜ、最強なのか?」については、こちらの記事ですべてを書いています。

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました