子供に体験させたい!スノーボードの醍醐味!【経験は宝物になる】

シェアいただけると嬉しいです。

子どもとスノーボード

私には、2人の息子(現在:小学生・幼稚園)がいます。

子どもを持ってみて、しみじみ感じるのは、「子どもを通じての交流関係」が一気に広がるといいうことです。

有難いことに、私にも、ママ友つながりや地域の交流の場、幼稚園や小学校の行事などで知り合った友人がいます。

そんな、色々な方(パパ友など)と話していると、子育て対して、

「子供には色々なことを体験(経験)させてあげたい。」

と考えている方が、とても多いことに気づかされます。

私もその意見に同感する1人です。

子供の可能性は、無限であり、何に興味を持ってもらえるかわかりません。

だからこそ、色々経験させてあげて、子供の可能性の幅を広げてあげたいと思っています。

また、子どものときに経験したものって、すべてが宝物になると思いますし。

私は、スノーボードが大好きなので、子供たちが「スノーボードを好きになってくれればいいな」と願い、毎年滑りに行っています。

そんな、子供と一緒にスノーボードを楽しむ中で感じた、子育て視点のスノーボードの醍醐味についてご紹介します。

子育て視点で考えるスノーボード(ウィンタースポーツ)の醍醐味

まず、スノーボードの最大の醍醐味は、極寒の大自然を体験できることだと思います。

山の頂上まで、簡単にゴンドラやリフトで上がることができ、雪化粧をした山々の景色や白銀の世界を体験できます。

小学生や幼稚園の子どもが、極寒の山頂まで登山で上ることは考えられませんが、スノーボードなら、あたりまえに楽しめます。

見せてあげたくないですか?

子ども達に、その白銀の世界を!

もしかすると、登山が趣味の人から「自分の足で登った達成感の先に、素晴らしい景色があるんだよ!」と、お叱りを受けるかもしれませんが・・・(笑)

あとは、純粋に山を滑り降りてくる「爽快感」と、「できなかったことが、できるようになる楽しさ」ですかね。

子供に見せたい(一緒に見たい)景色

 かぐらスキー場(新潟県)

リフトからの景色です。

やばいでしょ!?

この雲海は!!

かぐらスキー場
 
かぐらスキー場
 

かぐらスキー場

公式ホームページ「かぐらスキー場」

武尊牧場スキー場(群馬県)

2016-2017シーズンも以って閉鎖になっちゃいました。

大好きなスキー場の1つだったんですが・・・

武尊牧場スキー場

湯の丸スキー場(長野県)

白銀の世界と眩しすぎる朝日です。

湯の丸スキー場

公式ホームページ「湯の丸スキー場」

オグナほたかスキー場(群馬県)

リフトの上からでも、こんな素晴らしい景色が!

オグナほたかスキー場

公式ホームページ「オグナほたかスキー場」

竜王スキーパーク(長野県)

見てください!

この絶景を!

北志賀高原 竜王ロープウェイ2

木落としコース3

公式ホームページ「竜王スキーパーク」

まとめ

ここで、子どもに伝えたい「スノーボードの醍醐味」をまとめておきます。

  • 極寒の大自然を体験できる
  • 白銀の絶景を見ることができる
  • 「できない悔しさ」と「できたときの達成感」
  • スノーボードの楽しさ
  • スノーボードをする、パパのかっこよさ(笑)

こうやって見てみてると、スノーボードっていいことばっかりなんですよね~

家族のレジャーとしても、最高ですし!!

もし、今回紹介した白銀の景色に心がうずいたなら、ぜひ、子どもと一緒に、ゲレンデに出かけてみてください。

必ず、最高の宝物(経験)が見つかるはずです。

おわりに

以前、「スノーリゾート地域の現状(国土交通省 観光庁)」というレポートで、ウィンタースポーツ人口の推移(減少)を見てビックリしました!! 
 

1998年に、1,800万人(ピーク)だったウィンタースポーツ人口が、2013年には770万人まで減少!!

 
まさかの、半分以下・・・

最近、スノー業界の寂しいニュースを見ることが多くなったと思ってましたが、スノー市場の需要が大幅に減っていることが大きな原因の1つだと改めて痛感しました。

ちなみに、スノー業界の方たちも、色々な施策(雪マジ19、小学生リフト券タダなど)を講じて、ゲレンデに足を運んでもらえるよう頑張っています。
 
 
スノーボードを子供に体験させたい親にとっては、非常に有り難い施策です。

(結構、費用がかかりますからね・・・スノーボードって)

 

なお、私自身も、スノーボードをずっと続けていきたいと思っているので、スノーボードが好きな人が増えることを切に願っています。

そうじゃないと、大好きなスキー場がなくなっちゃうんで。

ってことで、

「みんな~、子どもと一緒に、スノーボードに行こう!」

 

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

まだ吹雪で消耗してるの?【吹雪のスノーボードを楽しむ必須アイテム】

スノーボードは何歳から始める!?【子供のスノボデビューに必要なもの】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク