ノーズグラブ入門【オーリーとポークを意識すれば必ずできる】

シェアいただけると嬉しいです。

この記事では、スノーボードトリック「ノーズグラブ」のやり方と注意点について紹介しています。

  • ノーズに手が届かない
  • 前のめりになっちゃいそうで怖い

という人に、ぜひ、読んでいただきたいです。

ノーズグラブは、「ミュートグラブ」同様に、「つかみにいくと非常に危険なグラブ」であり、グラブトリックの中でも、難易度が高いとされています。

ただ、コツさえつかめば、非常にやりやすいトリックです。

特に、脚力の弱い女性のには、キッカーのR(弧)を利用してグラブできるため、オススメです。

ぜひ、ノーズグラブの独特な空中バランスをマスターし、スタイルの幅を広げていきましょう。

ノーズグラブとは

ノーズグラブは、前手でボードのノーズ部分をグラブするトリックです。

ボードのもっとも遠い位置をグラブするため、難易度が高めです。

キッカーに入る前に必ずやっておくこと

スノーボードで座っているところ

ノーズグラブにチャレンジする際は、いきなりキッカーで試さず、ゲレンデのフラットな場所で、座ってボードのノーズ部分をさわってみてください。

できれば、ノーズをつかみながら、後ろ足を蹴りだす動作も一緒に行ってください。

この動作を行うことで、「ノーズをグラブするためには、どれだけ前膝を引きつける必要があるか」の確認と、「空中姿勢」のイメージが可能です。

ノーズグラブを行う場合の注意点とポイント

ベーシックエア(ノーグラブのストレートジャンプ)と同じく、しっかりとキッカーを抜けてください。

グラブを意識し過ぎると、重心が前のめり(前傾)になり、かなり危険です。

空中に出てから動作するようにしてください。

空中に出たら、前膝を前胸(レギュラースタンスなら左胸)に当てるようなイメージで、ボードを引きつけながら、前手でボードのノーズをつかみます。

グラブしたら、グラブしてない後ろ手でバランスをとってください。

他のグラブとの大きな違いは、

「後ろ足の引きつけが、必要ないこと」

です。

グラブする際は、前足の膝の引きつけだけを、強く意識してください!

まずは、ボードに軽く手を添える程度で十分です。

慣れてきたら、しっかりグラブしましょう。

グラブするときの目線は、グラブするところ(ノーズ)を一瞬確認し、グラブしたら、進行(飛んでいく)方向のランディング地点を見続けてください。

ランディングについては簡単です。

ノーズグラブは、グラブしている手を離す反動で、勝手にボードがフラットに戻ります。

あとは、ランディングする場所をしっかり見て、着地してください。

キッカータイプ別「ノーズグラブ」で意識するポイント

ライナー系キッカー(Rが弱いキッカー)

ライナー系のキッカーでは、Rを利用して、ノーズを引きつけることが難しいため、意識的にオーリーを強くし、上がってくるノーズをそのままグラブしてください。

本来のオーリーでは、

「後ろ足の引き上げを行い、膝を抱える動き」をしますが、

ノーズグラブの場合は、後ろ足の引きつけは不要のため、

「前肩と前足を引き上げながら、後ろ足でボードを踏み込む動作」のみで、OKです。

アップ系キッカー(Rが強いキッカー)

アップ系のキッカーでは、特に、ノーズグラブの威力を発揮します。

キッカーの抜け(キッカーのR)で、勝手にノーズが上がってくるので、楽々グラブできます。

アップ系のキッカーでは、「オーリーはしない!」ということを意識してください。

注意点としては、

アップ系キッカーは、まくられやすいため、低い姿勢でしっかりアプローチし、抜けで、前肩が下がらないよう意識してください。

ちなみに、アップ系キッカーの抜けについては、こちらの記事を。

⇒ キッカーの形状に合わせて「オーリー」を使い分ける!!

アップ系キッカーにおいて、オーリーが不要なところが、「脚力の弱い女性にもオススメ!」の理由です。(笑)

(アップ系キッカー限定になっちゃいますが・・・)

「ポーク」でスタイルを出す

ポークとは、足を蹴りだす動作のことです。

ノーズグラブの場合、後ろ足の膝を伸ばす動作となります。

ノーズグラブは、ボードの一番遠い場所をグラブするため、グラブしてない側のポークが非常にやりやすく、ダイナミックに魅せることができます。

慣れきたら、チャレンジしてください。

【サイドからのイメージ】

スノーボード ノーズグラブ

【正面からのイメージ】

ノーズグラブ正面

まとめ

ノーズグラブをかっこよく魅せるポイントは、「ポーク」と、「グラブしてない後ろ手」です。

グラブしたノーズを、体に引きつける(手で引っ張ってくる)と同時に、後ろ足を思いっきり蹴りだすことで、ボードをかなり立てることができます。

ソールも丸見えで、アピール力抜群です!!

難しそうに見えますが、慣れると、本当にやりやすいトリックです。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク