スノーボードが上手くなりたい!だったら「撮影・編集」してみよう!

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード、撮影、動画

孫子の名言で、「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」なんて言葉があります。

スノーボードにおいても、そのとおりだと思います。

キッカーを敵と見立てれば、まず、キッカーのサイズや形状、アプローチスピード、ランディングバーンの斜度や長さなど、慎重にチェックすることが大切です。

また、キッカーチェックと同様に「己を知る」こともとても重要であり、自分の力量を過信して、実力以上のキッカーに挑んでは、結果は散々です。

私の経験上、自分では完璧だと思っていても、客観的に(他人から)見ると、そうでもないことってすごく多いです。

ちなみに、最初に、自分の飛びを撮影して見たときは、ショックでした・・・(ダメダメ過ぎて・・・)

つまり、上達するための近道は、まず、己をよく知ることです。

なぜなら、自分のレベルを客観的に分析できなければ、「何が足りないのか?」を把握することはできないからです。

そのために超効果的なのが、自分の滑りを動画撮影することです。

動画を撮影すると、コマ送りで見れますから、自分の足りない所が明確になります。

ぜひ、スノーボード上達のためにも、動画撮影を始めてみてください。

モチベーションアップにも、絶大な効果がありますよ。

動画撮影のため準備するもの

スノーボード、リフト、ゴープロで撮影

(ゴープロ6にて撮影)  

撮影機器

いくつかご紹介します。

なお、どれか、1つでもあれば、動画撮影は可能ですよ。

家庭用デジタルビデオカメラ

私は、「パナソニック」さん推しです。

小型・防水・防塵ビデオカメラ「GoPro(ゴープロ)」

言わずと知れた「ゴープロ」です。

これは説明不要ですね。

スノーボード撮影の最強アイテムです!!

スマートフォン

これは、持っている人が多いでしょうから、一番気軽に撮影できますね。

デジタルカメラ(動画撮影機能付き)

我が家は、カシオ推しです。

シャッターを押してから、撮影までが速いため、写真を撮るときも大事な瞬間を逃しづらいと思います。

動画撮影するのに、大きな機材は不要です。

どれでも、ウェアのポケットに収納できますから!

撮影仲間

これが一番大事ではないでしょうか。

撮影に関してだけではなく、スノーボードを続けていく上で、最も重要だと思います。

遊んでくれる仲間には、ただただ感謝です!!

ありがとーーーーーー

動画編集にもチャレンジしてみよう

動画を撮影したら、その動画を編集してみましょう。

動画編集を始めると、新たな世界と出会えます!(笑)

動画編集に必要なもの

  • パソコン(スペックの高いPCのほうがサクサク動いて編集しやすいです)
  • 動画編集ソフト

動画編集ソフトについては、無料のソフトもあるみたいですが、私は、株式会社Corelさんの「VideoStudio」を使用しています。

説明書を見なくても、だいたい感覚で操作できますので、使いやすいと思います。

子どもたちの動画を編集するのにも使えますよ!

動画編集の効果

動画を編集して、1つのパート(作品)にしておくことで、「次は、もっと良い画を残してやるぜ!」という気持ちに自然となり、来シーズンへのモチベーションになります。

また、仲間の滑りについても、嫌になるぐらい(?)見ますから、各ライダー(仲間)のクセが分かったり、良いところを真似できたりと、みんなのレベルアップに繋がります。

ぜひ、みんなで動画を共有してください。

まとめ

自分達の滑りを撮影することは、上達する近道です。

効果は絶大です!!

恐らく、初めて自分の滑りを見ると、「思っているより全然できてない!!」と落ち込むかもしれません。

例えば、

  • 自分が感じているより、全然高さが出てない。
  • すごく長くグラブしたつもりが、動画だと一瞬しかしてない。
  • フリーランの滑り方がダサい。
  • ウェアが細すぎる。(シルエットがダサい)
  • ウェアが派手過ぎて、目が痛い。(笑)

などなど。

ただ、物事を「前向き」に捉え、「今、気づけたということはこれから改善していける!」と、スノーボードを楽しんでください。

だって、気づけなければ、永遠にそのままですから。

動画撮影とは、「気づき」を得るための「手段」です!!

おわりに

私は、20代の頃から仲間達と動画撮影を始め、今までで、5本の作品(1作品:30分程度)を作ってきました。

出来上がった作品をDVDに焼き、みんなに渡すときが、動画編集をしていて、一番うれしい瞬間です。

ただ、「少しでも、みんなに楽しんで(喜んで)もらえる作品を!」という思いが強くなりすぎると、どうしても妥協できなくて「どつぼにはまり」、かなり苦しんだ思い出があります。

でもその分、完成したときの喜びは大きいですけどね!!(完全に自己満足ですが・・・)

ぜひ、スノーボードをもっともっと楽しむために、どんどん撮影しちゃってください。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

バックサイド180完全マニュアル【これでできなきゃB1は諦めろ!?】

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク