スノーボードのグローブは消耗品だから、コスパの高い(良い)ものを選ぼう!

スポンサーリンク

スノーボードのグローブ選び

この記事では、スノーボードにおける

  • グローブの選び方
  • コストパフォーマンスの高い「オススメグローブ」

について紹介しています。

 

こんな人に、読んでいただけると嬉しいです。

  • 高いグローブを買ったのに、すぐに濡れてきちゃった・・・
  • 色々なメーカーがあって、どのグローブを買ったらいいのかわからない
  • 手の指先が冷たくて、スノーボードが楽しめない

値段の高いグローブは買わないで!!スノーボードのグローブは消耗品だよ

  • スノーボードは、すっごく手を使うスポーツ
  • スノーボードにおいて、一番劣化するアイテムは、グローブ

 

これは、スノーボードを狂ったように10年以上やってきた僕の持論です。

 

「え!?スノーボードって、手は使わないよね?」

って思う人がいるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。

 

たとえば、

  • リフトの乗り降りなどの、ビンディングの脱着
  • グラブトリック
  • ハンドプラント(僕はできませんが・・・)
  • 転倒時などのリカバリー
  • 雪だらけになったビンディングから雪をかき出すとき

など、手を使ってますよね???

 

当然、手を使えば使うほど、グローブは劣化し、機能が落ちます・・・

 

特に、転倒時の衝撃や摩擦、グラブを失敗したときのエッジの切れ味は、ハンパないダメージです。

ダメージが蓄積したグローブは、外気が通りやすくなったり、水がしみたりしますので、手が寒くなっちゃいます。

 

つまり、スノーボードのグローブとは、劣化の早い「消耗品」なんです。

 

僕は、消耗品に、お金をかけるのはもったいないと思う派です。

 

だって、2万円近く出して、高級なグローブを買っても、1シーズンでボロボロになっちゃったら、辛すぎませんか?

どんなに高級(高額)なグローブでも、物理的なダメージにはかないませんし。

 

なので、

「グローブは消耗品だから!!」

と割り切って、コスパの高い(良い)ものを選んでください。

スノーボードのグローブは、定期的に買い替えるほうが、費用対効果が高い

機能面で考えてみても、高級(高額)なグローブはオススメしません。

 

理由としては、

「5シーズン目の高級グローブより、安めの新品グローブ」

だと思うからです。

 

事実、5シーズン目ともなると、グローブは「ボッロボロ」です。

指先なんて、穴があいちゃうほど・・・(経験談です)

 

なので、20,000円近くするグローブを買うなら、5,000円程度のグローブを4つ買いましょう。

このほうが、絶対、寒くないです。

極寒のバックカントリーを攻めるなら、20,000円ぐらい出して、ゴアテックスの最高級グローブを買ってもいいかもしれませんが・・・

僕は、安い(特価)グローブを見つけたら、ストックしている

僕は、「グローブは消耗品!!」と完全に割り切っているため、いきなりグローブがダメになってもいいように、常にストックしています。

 

普通に考えれば、ほんとアホですよね~(笑)

 

ただ、この行動はある程度、理にかなっていて(僕的には・・・)、

「オフシーズンの一番安いときに、買っておく」

ってことができるんです。

 

なので、大体、半額以下で購入しています。(型落ちモデルです)

僕は、購入するグローブ(モデル)とサイズが決まっているので、ネットでサクッと買っちゃいます。

コストパフォーマンス最強のグローブ「eb’s(エビス)」

僕は、「eb’s(エビス)」のグローブを長年愛用しています。

もう、10年以上だと思います。

 

「eb’s(エビス)」のグローブは、種類も豊富で値段もお手ごろです。

型落ちで買えば、激安ですし。

また、値段の割りに、機能性もバッチリで、耐久性も申し分ないです。

 

ぜひ、使ってみてください。

オススメです。

 

【五本指タイプ】

【ミットタイプ】

まとめ

ここで、「スノーボードを快適に楽しむための、グローブの選び方」について、まとめておきます。

  • 高級グローブは買わない
  • グローブは消耗品と割り切る
  • 5シーズン目の高級グローブより、安めの新品グローブ
  • グローブは安いときに、ストックしておこう
  • コスパ最強グローブは「eb’s(エビス)」

 

スノーボードのグローブって、使い方によっては、ほんと、すぐ「ボロボロ」になっちゃいます。

なので、消耗品である「グローブ」より、

  • ブーツ
  • ゴーグル
  • ファーストレイヤー

などの、何シーズンも使えるものに、お金をかけたほうがいいと思います。

 

特に、この3つは、スノーボードの快適さが、全く違ってくるアイテムなので。

 

【関連記事】

「足が痛い!」をあきらめない!スノボブーツの選びかた
スノーボードブーツの悩み「足が痛い!」を、改善するため、「常識を覆す!?ブーツ選びの誤った認識」を含め、足が痛くならないブーツ選びのポイントとともに、おすすめブーツをご紹介しております。最高の相棒(ブーツ)と出会い、スノーボードを思いっきり楽しみましょう!!
曇らない「ゴーグル」選びも大切だけど、その行動がゴーグルを曇らせてるんだぜ!
スノーボードにおいて、視界の悪さは、致命的です。 ゲレンデの起伏は分かりづらいですし、他の人との激突など、危険度が増します。 当然、スピードも出せませんから、全然、楽しめません!! つまり、視界は、スノーボードを楽しむうえで、...
スノボウェアの中は何を着る?超寒がりのためのファーストレイヤー活用術
超寒がりスノーボーダーのためのオススメの重ね着を紹介してます。インナー選びの注意点や機能を意識した重ね着を実践することで、「スノーボードは、寒くてあたりまえ!」という意識が変わるかも。体が温かいと動きが軽快になり、パフォーマンスも上がります。ぜひ、お試しあれ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました