トゥー抜けのFS180(キッカー)は抜けのタイミングが成功のカギ

シェアいただけると嬉しいです。

トゥー抜けFS180、タイミングが成功のカギ

以前の記事「グラトリのFS180(トゥー抜け)は両足ジャンプが基本だよ」で、グラトリのトゥー抜けFS180について紹介しましたので、今回は、キッカーにおける「FS180(トゥー抜け)」のコツについて紹介します。

次の3つが慣れてきたら、ぜひチャレンジしてみてください。

  • グラトリでのトゥー抜けのFS180
    ⇒ヒール抜けのFS180もできるとなおも良い
  • スイッチのフリーライディング
  • ストレートエア(できればグラブも)

なお、「ちょっと不安があるな~」という人は、こちらの記事がオススメです。

グラトリの「ヒール抜けFS180」はオーリーとライン取りが重要

グラトリの「FS180(トゥー抜け)」は両足ジャンプが基本だよ!

キッカー記事のまとめ【ストレートジャンプの基本知識と理論(コツ)】

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

トゥー抜けのFS180のライン取り

まずは、すべてのスピントリックにおいて、欠かすことのできない「ライン取り」からマスターしましょう。

トゥー抜けFS180ライン取り

ゆるいバックサイドサイドターン(軽いヒールエッジ)から、キッカーのリップに対してボードを真っ直ぐにしていきます。

そして、トゥーエッジを軽く踏み混みながらキッカーを上っていきます。

なお、このライン取りを行うことで、自然にトゥーエッジがかかり、抜けのときにボードがずれにくくなります。

アプローチで、トゥーエッジを強く踏みすぎると、フロントサイドターンが始まっちゃいますので、注意してください。

FS180(トゥー抜け)の流れ

ライン取りを理解したら、小さいキッカー(ポコジャン)からチャレンジしてみましょう。

なお、この記事では、わかりやすさを重視し大きめのキッカー(8m)画像を使っています。

バックサイドターン(ゆるいヒールエッジ)でアプローチしていきます。

トゥー抜けFS180(1)

ボードをフラットに戻して、軽くトゥーエッジを踏みます。

トゥーエッジを意識しながら、フラットに踏むようにしてください(フラットトゥー)

トゥー抜けFS180(2)

前肩を閉じ、フラットトゥーのまま、低い姿勢でキッカーを上っていきます。

重心は「前足4・後ろ足6」を意識してください。

トゥー抜けFS180(4)

閉じていた前肩を開きながら、後ろ手でアッパーカットをするようにし、両足ジャンプで踏み切ります。

なお、踏み切りについては、キッカーの斜度に対してではなく、雪面(アプローチのフラット部分)に対し、真上に飛び上がるようにしてください。

トゥー抜けFS180(5)

トゥー抜けのFS180は、抜けのタイミングが非常に重要です。

後ろ足が、ちょうどリップぐらいの位置で、踏み切るとベストだと思います。

なお、抜けが速すぎると、トゥーエッジが逆エッジのように引っ掛かり、吹っ飛びます。

また、抜けが遅すぎると、踏み切りでトゥーエッジがすっぽ抜けます。

どちらも超危険ですので、注意してください。

トゥー抜けFS180(6)

空中に出たら、両ひざを引きつけていきます。(両ひざをしっかり引きつけないと、回転力が足りなくなります)

余裕があれば、グラブしてみましょう。

なお、この画像は「メソッドグラブ」なので、えび反りのようにボードを引きつけています。

トゥー抜けFS180(7)

FS180は、ピークで90度を意識してください。

トゥー抜けFS180(8)

着地(ランディング)に合わせ、グラブを離します。

トゥー抜けFS180(9)

目線は、着地(ランディング)するところを見続けます。

トゥー抜けFS180(10)

胸を開いて、着地(ランディング)し、回りすぎを防ぎます。

トゥー抜けFS180(11)

あとは、何事もなかったかのように、滑り去ります。(笑)

ガッツポーズは、心の中で。

トゥー抜けFS180(12)

まとめ

ここで「フロントサイド180(トゥー抜け)」のポイントをまとめておきます。

  • ライン取りを意識し、トゥーエッジを軽く踏み混みながらアプローチする
  • ボードは、トゥーエッジを意識しながらフラットに踏む(フラットトゥー)
  • 踏み切りは、両足ジャンプが基本
  • 踏み切りのベストタイミングは、後ろ足がちょうどリップぐらい
  • 空中では両ひざを引きつける
  • 胸を開いて着地(ランディング)し、回りすぎを抑える

トゥー抜けのFS180は、抜けのタイミングが、かなりシビアです。

試行錯誤を繰り返し、「ベストな抜け」を手に入れてください。

ちなみに、僕は、キッカーでのFS180(トゥー抜け)は苦手です・・・

なので、ほぼヒール抜けです。

ヒール抜けのFS180は、抜けのタイミングがルーズなんで。(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

キッカーでのFS180(ヒール抜け)は「ライン取り」が9割

バックサイド180の始めかた【まずはグラトリで回してみよう!】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク