関越道の渋滞を回避するには?【快適なスノーシーズンを過ごそう】

シェアいただけると嬉しいです。

関越道上里SA

私は、スノーシーズン(12月から5月上旬)になると、毎週末、山に通います。

気づけば、もう10年以上になります。

利用させていただく高速道路は、関越道と上信越道がメインです。

関越道は、毎週末の朝・夕方は、かならずと言っていいほど、大渋滞となります。

スキー場へ向かう朝に大渋滞だと、滑り始める時間も遅くなりますし、運転でぐったりです・・・

また、滑りこんで疲れた体に、帰りの大渋滞も辛いですよね。

今回は、私の経験則による、関越道の渋滞を回避するための出発時間について、ご紹介します。

渋滞がないだけで、スノーボードの生産性は上がりますよ。(笑)

ちなみに、乗り降りを「東松山インターチェンジ」で行うことを前提として、記事を書いております。

関越道における渋滞回避の時間帯

土曜日の朝(下り)

東松山インターを、5:30までに通過できれば、その先の渋滞はほぼありません。

ギリギリ、5:45分でもOKです。

ただ、チェーン規制の場合は、諦めてください。(笑)

土曜日の帰り(上り)

東松山インターまでは、ほぼ渋滞なしです。

快適に帰れます!!

日曜日の朝(下り)

東松山インターを、6:00までに通過できれば、その先の渋滞はほぼありません。

日曜日の帰り(上り)

奇跡が起きない限り、ほぼ渋滞を回避するのは難しいです。

特に新潟方面からの上りは、沼田、赤城高原、渋川伊香保、藤岡、花園など、名立たる渋滞スポットが、ほぼ渋滞します。

ゲレンデを、13:00出発するぐらいの意気込みが必要になります。

もしくは、夕食を食べて、温泉に入り、21:00ごろ出発すると快適です。

ただ、次の日の仕事を考えると、早めに帰りたい心境にかられますが・・

この時期の渋滞はヤバイ!

年末年始、GWの連休初日は、混みますね・・・

かつ、事故も多いので、覚悟が必要です。

逆に、3連休以上の最終日は、ゲレンデも高速道路の帰りも空いていることが多いです。

ここはチャンスです!!

もし渋滞に巻き込まれたら

いくら情報収集を徹底して、渋滞回避に挑んでも、渋滞を完全に回避するのは不可能です。

想定外の事態もありますので、渋滞に巻き込まれた場合の別の視点をご紹介します。

渋滞を楽しむ【オススメの楽しみ方】

  • DVDの準備
    「君の名は。」、「ドラゴンボールZ」、「ワンピース」などは、世代を超えて楽しめます。
    ※運転手さんは、注視してないでください。
  • 会話を楽しむ
    気になるあの子との心の距離を詰めるなら、渋滞でも「イライラ」せず、男としての器のデカさを見せてやりましょう。
    逆の発想で、あえて渋滞に当て込むというもの・・・(笑)

DVD「君の名は。」の少し変わった視点(使い方)を以前の記事で紹介してます。

よろしければ、ご覧ください。

「君の名は。」DVDは、恋愛モード切替の最強アイテムでしょ!?

行く先(スキー場)を変えて、渋滞を軽減する

泊まりでスノーボードにいく場合は、行く先を変えることは難しいですが、日帰りであれば、行く先を自由に選択できるはずです。

関越道は、ほぼ毎週渋滞しますが、上信越道に関しては、ほぼ渋滞はありません。

藤岡ジャンクションの分岐までに、「スキー場の天気」、「チェーン規制および渋滞の状況」を考慮し、上信越道方面へ行く先を変えるのも手です。

私は、日帰りがメインなので、当日の朝(車内)で、仲間と相談し、行く先(スキー場)を決定します。

最新の渋滞情報の収集は、アプリを使うと便利です。

なお、私が使っているアプリはこれです。(簡単で、使いやすいです)

「iHighway交通情報」NEXCO西日本SHD

「iHighway交通情報」NEXCO西日本SHD

まとめ

ここで、「関越道における渋滞対策」についてまとめておきます。

  • 土曜の朝(下り)は、東松山インターを「5:30」までに通過
  • 日曜の朝(下り)は、東松山インターを「6:00」までに通過
  • 土曜の夜(上り)は、ほぼ渋滞なし
  • 日曜の夜(上り)は、ゲレンデを「13:00」には出発
  • 3連休以上の最終日は、朝・夜ともに空いていることが多い
  • もしものために渋滞を楽しむ方法を準備しておく

渋滞を回避することで、時間や体力を無駄にすることなく、スノーボードに集中できます。

時間は、価値です。(特に、子育て中は・・・)

渋滞時間も含め、限られた時間を有効的に使って、スノーボードを楽しみましょう。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

「滑ることだけに集中する」ストイックなスノーボードの楽しみ方

スノーボードは何歳から始める?【子供のスノボデビューに必要なもの】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク