テールグラブ入門【インディでポークができれば必ずできる】

シェアいただけると嬉しいです。

ストレートジャンプの「グラブ入門」シリーズです。

「インディグラブ」、「メランコリーグラブ」、「ミュートグラブ」と続き、今回は、「テールグラブ」やります。

なお、以前の記事は、こちらです。

テールグラブは、「インディノーズボーン」のグラブする位置が変わるだけです。

つまり、インディで前足のポークができれば、ほぼできます。

テールグラブにチャレンジする前に、インディグラブをやり込んでおくと、結構、簡単にできちゃいます。

また、トリックのイメージもしやすいと思います。

唯一、インディグラブと違うのは、

テールグラブの場合、グラブする位置が遠いため、インディのように普通にボードを引きつけても、手がボードに届かないところです。

そのため、重心をボードの中心から、少し後ろに移動する必要があります。

インディで前足のポークを練習しておくと、この重心の移動がスムーズにできると思います。
なぜなら、前足をポークすることで、自然と重心が後ろに移動するからです。

それでは、テールグラブ入門のスタートです。

テールグラブとは

テールグラブは、後ろ手ボードのテール部分をグラブするトリックです。

禁断の技「ティンディ」になりやすいので、注意が必要です。

テールグラブのイメージ

次に、トリックのイメージをしてみます。

これは、インディで前足をポークした画像ですが、グラブする位置をテールに移した形(姿勢)をイメージしてください。

形(姿勢)は、インディノーズボーンと、ほぼ変わらないことがわかると思います。

スノーボード インディノーズボーン

キッカーに入る前に必ずやること

ステップ1

テールグラブにチャレンジする際は、いきなりキッカーで試さず、ゲレンデのフラットな場所で、しゃがんでボードのテール部分をさわってみてください。

この動作を行い、「どのくらい重心を後ろに移動すれば、テールに手が届くか」を確認しておいてください。

テールプレスのようなイメージで、重心を後ろに移してください。

【テールプレスのイメージ】

スノーボードプレス、テール

ステップ2

ゆっくりとしたスピードで、ゲレンデのギャップ(落ち込みなどの起伏)でオーリーし、ボードを思いっきり引きつけ、後ろ手でボードのテールにさわってみてください。

オーリーである程度の高さが出せるなら、グラトリでも「テールグラブ」の練習ができるはずです。

ボードを引きつける際のポイントとしては、重心を後ろに移動しながら、後ろ膝を後ろ胸(レギュラースタンスなら右胸)に当てるようなイメージです。

テールグラブを行う場合の注意点とポイント

ベーシックエア(ノーグラブのストレートジャンプ)と同じく、しっかりとキッカーを抜けてください。

グラブを意識し過ぎると、重心が後傾になり、キッカーの抜けで、まくられます。

かなり危険ですので、空中に出てから動作するようにしてください。

空中に出たら、後ろ膝を後ろ胸(レギュラースタンスなら右胸)に当てるようなイメージで、ボードを引きつけながら、後ろ手でボードのテールをつかみます。

グラブしたら、グラブしてない前手でバランスをとってください。

まずは、ボードに軽く手を添える程度で十分です。

慣れてきたら、しっかりグラブしましょう。

グラブするときの目線は、進行(飛んでいく)方向のランディング地点を見続けてください。

テールグラブは、後傾になった重心を元に戻す必要があるため、インディよりも早めにグラブを離し、着地に備えてください。

着地で、テール重心になりやすい場合、上半身をボードの中心に被せるよう、意識してください。

あとは、ランディングバーンに着地するだけです。

「ポーク」でスタイルを出す

ポークとは、足を蹴りだす動作のことです。

テールグラブの場合、前足の膝を伸ばす動作となります。

ポークすることで、グラブに動きを加えることができ、「魅せるグラブ」へと進化させることができます。

テールグラブは、前足のポークがしやすいトリックだと思います。

おもいっきり、蹴りだしましょう!

スノーボード テールグラブ

テールグラブの裏技紹介

どうしても、テールグラブができないという場合の裏技です。

この画像の「テールグラブ」をご覧ください。

前足のポークも決まって、かっこいいですね。

パウダーボードでテールグラブ

あれ!?よく見ると、テールが短くないですか?(笑)

そうです、パウダーボードです!!

パウダーボードなら、楽々ボードに届きます。

どうしても、ポークが苦手で・・・

という場合には、お試しを!!

まとめ

テールグラブをかっこよく魅せるポイントは、「ポーク」と、「グラブしてない前手」です。

「ポークは、横方向に蹴るのか、下方向に蹴るのか?」

「前手を、高く上げるか、前に出すか?」など、

自分の出したいスタイルを追求してください。

ちなみに、私の場合は、

テールをグラブし、グラブした手で、ボード(テール)を思いっきり体に近づけ、前足をポークします。

こうすることで、ボードをかなり縦気味にできます。

このあたりの微妙な、スタイルの出し方は、お好みで調整してください。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

キッカー記事のまとめ【ストレートジャンプの基本知識と理論(コツ)】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク