最強スノーボード「ノベンバーアーティスト」を絶対買わない男とその理由

スポンサーリンク

スノーボード、ノベンバーアーティスト

僕は、国産スノーボード「ノベンバーアーティスト(NOVEMBER artiste)」大好き男です。

ボードを買い換える際も、常に同じモデルを購入しているため、気づけば、もう10年ぐらい乗り続けています。

 

ノベンバーアーティストは、ボードのクオリティーはもちろんですが、「コンベックスソール」の技術により、

  • 逆エッジになりづらい
  • ターンの切り替えがスムーズ
  • ハイスピードのチョッカリで、テール側のエッジに引っかかりを感じない

などの特徴があります。

コンベックスソールは、ノベンバーアーティストを製造している、国産スノーボード工場「小賀坂(オガサカ)」の技術です。

 

なので、一度「ノベンバーアーティスト」に乗ってしまうと、他のボードに乗れないという呪いがかかります。(そのぐらい、コンベックスソールはやみつきになります)

 

【関連記事】

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由
「フリーランでスピードが出せない・・・」「スノーボードがなかなか、上手くならない・・・」「キッカーの抜けが、安定しない(怖い)・・・」というあなたに、ぜひ、オススメしたい国産ボード「NOVEMBER ARTISTE」を紹介しております。クオリティーを超えた理由があります。
コンベックスソールとは?乗り心地の違いは?【オガサカの技術を紹介】
国産スノーボード工場「小賀坂(オガサカ)」で生産されるスノーボード(板)は、ほぼ「コンベックスソール」を採用しています。 僕も長年、愛用させていただいており、乗れば乗るほど、最強だと気づかされます! いや、ほんとに最強なんです。...

 

また、僕が超絶オススメしているということもあり、僕の周りには、「ノベンバーアーティスト」乗りがやたらと多いです。(自然とバイアスがかかっているんだと思います・・・)

 

そして、ほぼ全員が、

マジ、最強!!

と口を揃えます。

ノベンバーアーティストに乗るスノーボーダー

 

でも、たった1人だけ「ノベンバーアーティストは、ほんと最強だよね。」と言いながら、絶対に購入しない友人がいます。

 

今回は、そんな友人が語った深すぎる(意味不明な)

「ノベンバーアーティストに乗らない理由」

その理由から考える

「こんな人は、ノベンバーアーティストを買ってはいけない!?」

についてまとめておきます。

 

もし、「ノベンバーアーティスト」を買おうか悩んでいるなら、読んでみてください。

参考になるかもしれませんので・・・

スノーボードをこじらせた「こじらせ王」の紹介

最初に、僕の友人について少し紹介しておきます。

 

今回紹介する「ノベンバーアーティストを絶対買わない男」ですが、僕の周りでは、トップレベルのスノージャンキーです。

 

彼は、僕と同じアラフォー世代のナイスガイで、妻と子ども(2人)がいます。

でも、オフシーズンは「クエスト(キングス)」と「ブラッシュ」に足を運び練習を重ね、ほぼ毎年、ニューアイテムに身を包み、ゲレンデを遊びつくします。

 

得意技は、キッカーでの「BS360」で、初めてのキッカーにも「BS360」で入るツワモノです・・・

 

僕的には、

「キッカーチェックで、BS360って、どういうこと???」

って感じです。

 

また、彼には、

  • 足がつりやすい
  • ひざが弱い

という2つの欠点があります。

 

スノージャンキーとは思えぬ弱点(ギャップ)も、彼の魅力の1つです。

 

なお、アラフォーの子育てパパというと、一般的には、スノーボードから遠のいていく人が多いと思います。

でも、彼はどんどん「スノーボード熱」が上がっています。

 

もはや、病気です・・・

 

つまり、彼は、

完全に「スノーボードをこじらせてしまった男」

なんです。

 

だから、なかなかスノーボード熱が下がらない!!(逆に上がっている・・・)

 

そんなことで、この記事では、彼のことを「こじらせ王」と呼ぶこととします。

ノベンバーアーティストを絶対に買わない男

この記事の作成については、完全に自分のことは棚に上げています。

最強スノーボード「ノベンバーアーティスト(NOVEMBER artiste)」を絶対買わない理由

こじらせ王は、僕にこう言いました。

  • 「ノベンバーアーティスト」は、最強過ぎるんだよ
  • 今後のボード選びが、楽しめなくなっちゃうよね
  • 自分の限界なんか、知らないほうが楽しめるでしょ!?

 

すでに、意味不明ポイントが・・・

1つずつ説明していきますね。

「ノベンバーアーティスト」は、最強過ぎる

こじらせ王は、「2018-2019シーズン」に向け、ニューボードの購入を検討していました。

 

スノーボード好きの人ならわかると思いますが、ボード選びとは「お前になら安心して、俺の命を預けられるぜ!」という相棒を探すことです。

ですので、かなり慎重に、そして妥協は許されません。(結婚相手を探すようなものですから)

 

こじらせ王にとっても、それは全く同じです。

 

そんなボード選びに悩んでいる「こじらせ王」に、僕は、

「ノベンバーアーティストが最強でしょ!?」

とオススメしました。

 

でも彼は、

「たしかに、ノベンバーアーティストは最強だよ。でも、最強すぎるんだよね~」

という深すぎる回答!!

 

ん???

深いのか・・・

 

いや、深くない!!(笑)

 

普通に考えれば、相棒は最強(最高)がいいよね???

 

でもさ、でもさ、こじらせ王は、

「最強すぎる相棒は、ほしくない」

って言ってるんだよ。

 

「え?なんで?状態」じゃないですか?

ほんと完全に、こじらせてますね・・・

 

なお、この発言だけだと全く意味不明なので、もう少し「ノベンバーアーティストは、最強過ぎる」発言の真相に迫っていきます。

今後のボード選びが楽しめなくなる

「ノベンバーアーティスト」は、ほんと最強のスノーボードです。

それは、こじらせ王も、十分理解しています。

彼は、僕のボードも含め、ノベンバーアーティストに試乗したことがあります。

 

でも、買いません。

 

その理由としては、「ノベンバーアーティストは、最強過ぎる」からなんですが、この発言の1つの真意として、

もし、ノベンバーアーティストを買っちゃったら、「もっと、いいボードはないのか?」というボードを選ぶ(探す)楽しみを失ってしまう

という想いがあるそうです。

 

つまり、

「スノーボードを買う = ノベンバーアーティスト」

になっちゃうってことです。

 

深い・・・

 

いや、深くない!!(笑)

 

僕は、「悩まずに最強ボードに出会えるなら、そのほうがいいと思う派」なんですが、みなさんはどうなんでしょうか???

自分の限界なんか知らないほうが楽しい

何度も言いますが、「ノベンバーアーティスト」は、ほんと最強です。

なので、

「ノベンバーアーティストでできないことは、他のボードでもできない」

ということを意味します。

 

つまり、ノベンバーアーティストに乗るということは、

  • 自分の限界に気づいてしまう
  • 上達するための要素から、ボードのポテンシャルという可能性を完全に潰してしまう

ということになります。

 

だから、こじらせ王は、「ノベンバーアーティストは、最強過ぎる」という発言をしたんです。

 

「俺は、まだ、ノベンバーアーティストじゃないぜ~」という、自分への可能性を残しておきたいってことなんだと思います。

こじらせてるな~

こじらせ王が、選んだボードは「キャピタ ウルトラフィアー (CAPiTA ULTRAFEAR)」

こじらせ王が、悩み抜いて選んだ「2018-2019シーズンの相棒」を紹介します。

 

【CAPiTA ULTRAFEAR(キャピタ ウルトラフィアー )】

キャピタ(CAPiTA)の最強モデルです。

 

こじらせ王の話によると、このボードは、日本人のためにつくられたオールランドに遊べる最強ボードらしいです。(ノベンバーアーティストを除いてという意味です・・・)

 

気になる人は、ぜひ、チェックしてみてください。

 

なお、「キャピタ ウルトラフィアー」については、まだ、乗らせてもらったことがないので、乗り心地はわかりません。

乗らせてもらった際には、試乗レポートしたいと思います。

まとめ

ここで、こじらせ王の発言から導き出した「こんな人は、ノベンバーアーティストを買ってはいけない」についてまとめておきます。

 

【ノベンバーアーティスト(NOVEMBER artiste)をオススメできない人】

  • 最強ボードを探し続けたい人
  • 自分の限界を知りたくない人
  • 自分の可能性を残しておきたい人

 

もし、こじらせ王と同じように、スノーボードをこじらせているなら「ノベンバーアーティスト」は買わないでください。

もしかすると、スノーボードの楽しみが減ってしまうかもしれませんので。

 

ただ、僕と同じように、

「このボードで上手くなれないなら、どのボードに乗っても上手くなれない!」

と、自分を納得させられる最強ボードがほしいのなら、ぜひ、「ノベンバーアーティスト」を検討してみてください。

 

ほんと最強なんで!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました